大学出版部協会

 

 見つめなおす郷土の風景民話が語る自然科学

民話が語る自然科学 見つめなおす郷土の風景

A5判 256ページ 並製
定価:2,500円+税
ISBN978-4-7664-1602-2 C40
奥付の初版発行年月:2009年04月

内容紹介

「理科」の枠を超えた「科学」の面白さ!
▼日本の民話約3000話を自然科学の観点から読み解く教養書。
▼民話を紡いだ日本人の豊かな想像力、忘れられた郷土の自然が今よみがえる。
▼付録には、掲載した民話の位置がわかる「民話マップ」を掲載。


宮橋裕司(みやはし ひろし)
慶應義塾志木高等学校教諭(地学・生物)。1962年生まれ。1989年、東京学芸大学大学院教育学研究科理科教育専攻修士課程修了。同年より株式会社日立情報ネットワークに勤務。1995年以降現職.専門は古植物学、地学教育。主に中生代の植物化石について組織・解剖学的な研究を継続中。近年、民話の分析に基づき、地学・生物の教材ならびに教育方法を探っている。日本古生物学会、日本地質学会、日本地学教育学会、日本進化学会に所属。主要論文に「理科教育の観点から見た日本の民話」(共著 『地学教育』、第57巻、第6号)他。

目次

はじめに

序章

Ⅰ 時空の章
1 はじめて降った雪
2 雷と桑の木
3 竜になった姫
4 波小僧
5 オト女の火
6 雨乞いの藁の竜
7 阿波の鳴戸

Ⅱ 大地の章
1 椿の乙女
2 八郎物語
3 辰子姫物語
4 お汲み湯行事
5 妙見山の貝
6 天のはしご、天橋立
7 海の水はなぜ塩辛い
8 法螺貝と三原山の戦い
9 桜島と飯牟礼山
10 鳥の海の干拓
11 伊豆の国焼き
12 炭やき吉次

III 生命の章
1 デクの分身法
2 三人の兄弟
3 七夕のいわれ
4 クラゲ骨なし
5 身代り地蔵
6 高賀山の鬼
7 柿の化け物
8 ヤチ沼の主
9 みょうがの宿
10猿と蟹
11犬の碑の話
12すずめの功徳
13蛇性の誠
14片目ぶね

終章

付録 民話マップ


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。