大学出版部協会

 

 小説の創造スタンダール

スタンダール 小説の創造

A5判 376ページ 上製
定価:5,400円+税
ISBN978-4-7664-1472-1 C3098
奥付の初版発行年月:2008年02月

内容紹介

▼独自の小説世界によって、今もなお新しい読者を魅了し続けているスタンダール。19世紀フランスに生きた作家は、なぜ不朽の傑作を生み出すことができたのか。日記や備忘、書簡など一次資料の綿密な考証を通じて『赤と黒』『パルムの僧院』の成立過程に斬新な視角をひらき、〈民衆〉〈手紙〉〈まなざし〉にテーマ構築の独創性を探ることで、同時代への批判的感性と自己の探求【エゴチスム】とが分かちがたく結びついた、文学的戦略と創造の美学を解明する。


髙木信宏(たかき のぶひろ)
九州大学大学院人文科学研究院准教授。博士(文学)。
1963年熊本県生まれ。九州大学大学院文学研究科博士後期課程中退。九州大学文学部助手、九州産業大学芸術学部専任講師を経て、現職。

目次


第Ⅰ章 小説創造の戦略
 『アルマンス』における主人公像の造型
 『赤と黒』の創作過程—着想と制作時期の再検証
 『リュシアン・ルーヴェン』における〈衣装〉
 『パルムの僧院』冒頭部の制作

第Ⅱ章 民衆・手紙・まなざし
 スタンダールにおける〈民衆〉
 ジュリアン・ソレルの〈手紙〉
 『ラミエル』における社会諷刺
 スタンダールにおける〈まなざし〉
 『チェンチ一族』における〈まなざし〉

第Ⅲ章 創作と自己認識
 『エゴチスムの回想』における自己認識
 『エゴチスムの回想』と『社会的地位』
 感受性と自己認識
 『アルマンス』、あるいは〈感じやすい魂〉の悲劇

結論
あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。