大学出版部協会

 

東アジアの中の日韓交流

日韓共同研究叢書20
東アジアの中の日韓交流

濱下武志:編, 崔章集:編
A5判 298ページ 上製
定価:3,800円+税
ISBN978-4-7664-1343-4 C3336
奥付の初版発行年月:2007年03月

内容紹介

日韓交流が東アジア・ネットワーク形成に果たした役割を、文化・産業・経済・政治の諸分野から検討し、今後のあるべき姿を探る。


崔 章 集(CHOI JANG-JIP)
高麗大学校政治外交学科教授。
1943年生まれ。高麗大学校政治外交学科卒。
政治学博士(シカゴ大学)。
専門は、比較政治、民主主義、政党。
大統領諮問政策企画委員会委員長、高麗大学校亜細亜問題研究所所長(現)などを務める。1983年より現職。
主著に、『民主化以後の民主主義(改訂版)』(Humanitas、ソウル、2005年)、『民主主義の民主化』(Humanitas、ソウル、2006年)他

白石 さや(SHIRAISHI SAYA)
東京大学大学院教育学研究科教授。
1948年生まれ。国際基督教大学教養学部社会科学科卒。
哲学(文化人類学・アジア研究)博士(コーネル大学)。
専門は、教育人類学、アジア研究。
コーネル大学客員助教授、京都文教大学人間学部教授などを経て、2002年より現職。
主著にYoung Heroes : The Indonesian Family in Politics(Cornell University Southeast Asia Program Publications, 1997)、”Japan’s Soft Power: Doraemon Goes Overseas,” Network Power: Japan and Asia (Cornell University Press, 1997),『想像の共同体—ナショナリズムの起源と流行(増補版)』(共訳、NTT出版、1997年)他。

金 成 国(KIM SUNG-KUK)
釜山大学校社会学科教授。
1947年生まれ。ソウル大学校社会学科卒。
社会学博士(インディアナ州立大学)。
専門は、社会理論、市民/情報社会。
インディアナ州立大学社会調査研究所研究員など経て、1983年より現職。
主著に、『韓国の少数者−実態と展望』(編著、ハンウル、2004年)、『21世紀韓国社会の構造的変動』(共著、民音社、2005年)。

権 赫 泰(KWON HEOK-TAE)
聖公会大学校日本学科副教授。
1959年生まれ。高麗大学校史学科卒。
経済学博士(一橋大学)。
専門は、経済学(歴史学)。
山口大学経済学部助教授、聖公会大学校日本学科助教授などを経て、2004年より現職。
主著に、『アジアの市民社会(2)』(共著、アルケ、2005年)、『反日と東アジア』(共著、ソミョン出版、2006年)。

元 智 妍(WON JI-YEON)
全南大学校国際学部助教授。
1966年生まれ。ソウル大学校東洋史学科卒。
社会学博士(一橋大学)。
専門は、日本社会史。
ソウル大学校国際地域院研究員、麗水大学校国際学部助教授、麗水大学校・全南大学校統合により、2006年より現職。
主著に、『日本の理解』(太学社、2002年)、『我々のなかの普遍性−学問主体化のための模索』(共著、ハヌル、2006年)他。

江夏 由樹(ENATSU YOSHIKI)
一橋大学大学院経済学研究科教授。
1951年生まれ。東北大学文学部卒。
歴史学博士(ミシガン大学)。
専門は、中国近代史。
一橋大学経済学部専任講師、同助教授などを経て、1992年より現職。
主著にBanner Legacy: The Rise of the Fengtian Local Elite at the End of the Qing, Center for Chinese Studies, the University of Michigan, 2004. 「土地利権をめぐる中国・日本の官民関係」『アジア経済』38−1(1997年)他。

古田 和子(FURUTA KAZUKO)
慶應義塾大学経済学部教授。
1952年生まれ。東京大学教養学部卒。
Ph.D.(歴史学、プリンストン大学)。
専門は、近代東アジア経済史。
東京大学教養学部助手、東洋英和女学院大学助教授を経て、1997年より現職。
主著に『上海ネットワークと近代東アジア』(東京大学出版会、2000年)、『岩波講座世界歴史23:アジアとヨーロッパ1900年代−20年代』(共著、岩波書店、1999年)、Japan, China, and the Growth of the Asian International Economy, 1850-1949(Oxford University Press, 共著、2005年)他。

飯島 渉(IIJIMA WATARU)
青山学院大学文学部教授。
1960年生まれ。東京学芸大学教育学部卒。
文学博士(東京大学)。
専門は、近代東アジア社会史。
大阪市立大学助手、横浜国立大学助教授、同教授などを経て、2004年より現職。
主著に『マラリアと帝国−植民地医学・帝国医療と東アジアの広域秩序』(東京大学出版会、2005年)、『ペストと近代中国−衛生の「制度化」と社会変容』(研文出版、2000年)他。

濱下 武志(HAMASHITA TAKESHI)
龍谷大学国際文化学部教授。
1943年生まれ。東京大学文学部東洋史学科卒。
文学修士(東京大学)。
専門は、東アジア地域史、中国近現代史、華僑史。
一橋大学経済学部講師・助教授、東京大学東洋文化研究所助教授・教授、京都大学東南アジア研究センター教授などを経て、2006年より現職。
主著に『沖縄入門−アジアをつなぐ海域構想』(筑摩書房、2000年)、『海と資本主義』(共著、東洋経済新報社、2003年)他。

目次

第一部 東アジアの重なり合う意味空間
 第一章 「東アジアの平和共同体」
      ——冷戦後期における日韓関係の「重なり合う意味空間」 (崔 章 集)
 第二章 東アジア大衆文化ネットワークと日韓文化交流 (白石 さや)
 第三章 日韓文化交流と東アジア文化ネットワークの構築 (金 成 国)

第二部 日韓文化交流にみる自他認識
 第四章 韓国の大衆文化に現れた日本人・日本——韓国の商業映画を中心に (権 赫 泰)
 第五章 対日認識のずれ——情報交流を中心に (元 智 妍)

第三部 東アジアの歴史的パースペクティブ
 第六章 一九一〇—一九二〇年代の中国東北部(旧満州)における水田開発
      ——水稲文化の展開から見た日本・朝鮮・中国の関係 (江夏 由樹)
 第七章 二〇世紀初頭における大阪雑貨品輸出と韓国 (古田 和子)
 第八章 医療・衛生事業の制度化と近代化——「植民地近代性」への試論 (飯島  渉)
 第九章 グローバリゼーションの中の東アジア地政文化
      ——東アジア海域文化研究の課題 (濱下 武志)
      


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。