大学出版部協会

 

 近代ロンドンのコーヒーハウス男たちの仕事場

男たちの仕事場 近代ロンドンのコーヒーハウス

四六判 228ページ 上製
価格:2,750円 (消費税:250円)
ISBN978-4-588-36413-6 C0022
奥付の初版発行年月:2009年11月 / 発売日:2009年11月中旬

内容紹介

17世紀後半から18世紀末まで、商業や貿易、金融や保険、政治、文学からジャーナリズムにわたる多彩な人々が集い、社会的に大きな役割を果たしたロンドンのコーヒーハウスを通して、商業革命時代の活気あふれる英国の一面を描き出す。コーヒーの功罪をめぐる賛否両論、男たちを虜(とりこ)にしたコーヒーハウスに対する女性陣の怒りなど、資料にもとづく数々の興味深いエピソードも収録する。〔文化史・社会史〕

出版部から一言

シヴェルブシュ『楽園・味覚・理性──嗜好品の歴史』(小局刊)等とあわせてお薦め下さい。

著者プロフィール

岩切 正介(イワキリ マサアキ)

1940年,朝鮮に生まれる.1962年東京大学法学部卒業.1964年,同大学文学部卒業,1966年,同大学大学院人文科学研究科独語独文学修士課程修了.横浜国立大学教育人間科学部教授を経て,現在,帝京大学外国語学部教授.1975年7月~76年9月ウィーン大学,1999年4~9月ヨーク大学にて海外研修.著書に『英国の庭園──その歴史と様式を訪ねて』(法政大学出版局),『ヨーロッパの庭園』(中公新書),『ドイツ文学における古典と現代』(共著,第三書房),『ヨーロッパの文化と思想』(共著,木鐸社),『ドイツ文学回遊』(共著,郁文堂),訳書に,W. M. ジョンストン『ウィーン精神1・2──ハープスブルク帝国の思想と社会1848-1938』,G. マン『ドイツの青春1・2』(以上共訳,みすず書房)がある.

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに
第一章 初期コーヒーハウス
  1 画期的な非アルコール飲料と施設
  2 コーヒーハウスの先陣
第二章 コーヒーハウスを見つめる対極的な視線
  1 雑多な客と話題
  2 コーヒー店主を裁判に
  3 三卓三様の滑稽模様
  4 世界のニュースを知る
  5 狂言綺語の輩と才子殿
  6 コーヒーハウスを弁護する
  7 臣民を怠け者に変える所だ
  8 元の元気な男たちに戻して欲しい
  9 男市民の大学だ
第三章 王の視線
第四章 政治ゆかりのコーヒーハウス
  1 初期コーヒーハウスの政治論
  2 王政復古期の政治クラブ──コーヒーハウスと居酒屋
  3 一八世紀の政治とコーヒーハウス
  4 遊興のコーヒーハウス
第五章 貿易と海上保険と株取引
  1 海洋帝国イギリス
  2 シティのコーヒーハウス
  3 ギャラウェイズ・コーヒーハウス
  4 ロイズ・コーヒーハウスと海上保険
  5 ジョナサンズ・コーヒーハウスと南海会社泡沫事件
  6 ジャマイカ・コーヒーハウスと砂糖農園
  7 エルサレム・コーヒーハウスと東インド会社
  8 バルチック・コーヒーハウスとバルチック取引所
おわりに


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。