大学出版部協会

 

ピープショー のぞきからくり

紙絵遊びの文化
ピープショー のぞきからくり

B5判 144ページ 並製
定価:3,800円+税
ISBN978-4-472-40572-3 C0071
奥付の初版発行年月:2020年10月 / 発売日:2020年10月中旬

内容紹介

「ピープショー」は17世紀末にヨーロッパで遠近法を広めるために考案された光学おもちゃ。内側に絵が描かれた箱に開けた小さな穴を片目でのぞくと、絞り効果で中の絵が奥行きを伴って立体的に見え、不思議な体験が味わえた。その歴史と仕組みを多数の図版を使って紹介。

著者プロフィール

吉田 稔美(ヨシダ トシミ)

絵本作家、イラストレーター、兵庫県西脇市出身。大阪芸術大学芸術学部デザイン学科卒業。
1999年イタリア・ボローニャ国際絵本原画展入選。2000年ボローニャ2000ブルーノ・ムナーリに捧げられたミレニアム展入選。
絵本『ネバーガールズ』『ルネサンス踊り絵本』『金の輪』(以上架空社)『つづきのねこ』(講談社)『うずまき貝のロケット』(ひくまの出版)『麦藁の絵本』(農文協)など。
のぞくしかけ絵本に魅せられ、歴史や仕組みなどを研究して、自分でも、しかけ絵本『ピープショー・シアター』(プラクティカルアドバンス・エフ)6種を商品化している。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

ピープショーについて
ピープショーのしくみ
ピープショーの歴史
3D、立体視への情熱
しかけ絵本やアートブックのピープショー
現代のピープショーのバリエーション
ピープショーのこれから


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。