大学出版部協会

 

 知の共同体の変貌大学と学問

リーディングス 日本の高等教育5
大学と学問 知の共同体の変貌

A5判 392ページ 上製
価格:4,950円 (消費税:450円)
ISBN978-4-472-40414-6 C3337
奥付の初版発行年月:2010年10月

内容紹介

大学の学問といえども社会と無関係ではなく、知の共同体は戦後社会の変動とともに変貌をとげてきた。大学教授職、学界や専門分野、研究ネットワーク、学術政策や科学政策、研究体制(研究組織や研究費)、大学院と研究者養成、学問と経済、学問研究の倫理、そして産学連携などに関する諸研究を通じて、その変貌をたどる。


目次

「リーディングス 日本の高等教育]刊行にあたって  
凡 例
総 説 学術研究システムの変容を捉える             
第1部 大学教授職 
解 説 知の創造と伝達の担い手の変容               
1 エピローグ (新堀 通也)                        
2 大学型知識の終焉 (竹内 洋)                        
3 日本の大学教員の特質-カーネギー国際調査から (有本 章)          
4 流動化する大学教授市場 (藤村 正司)                    
5 非常勤教員という存在-現状と将来 (喜多村 和之)              
第2部 学界・専門分野 
解 説 知のネットワークの構造と機能              
1 科学における報賞の分布と配分-日本の化学を例にして (山崎 博敏)      
2 専門分野の形成とパラダイム (塚原 修一)                 
3 科学研究における研究グループの生産性と質的評価-引用度分析とコミュニティ内評価の相互関係 (牧野 淳一郎・藤垣 裕子・今井 良行)          
4 科学技術情報流通の仕組-学術雑誌の役割 (倉田 敬子)            
第3部 研究体制と政策 
解 説 学術研究の組織的・財政的基盤
1 学術行政機構の構造転換 (中山 茂)                    
2 「教官当積算校費」と「科研費」-戦後学術政策への一視角 (阿曽沼 明裕・金子 元久)
3 研究室と学問研究-自然科学を中心に (山崎 博敏)               
4 大学の科学研究 (宮原 将平)                         
5 大学の研究機能 (小林 信一)                         
第4部 大学院 
解 説 研究者養成と専門職養成との葛藤              
1 科学技術の新段階と大学院教育 (荒井 克弘)                  
2 大学院教育への需要 (浦田 広朗)                       
3 日本の大学院問題 (天野 郁夫)                        
4 若手研究者の養成-当たらない予言 (小林 信一)                
5 融化する若手大学教授市場 (加藤 毅)                   
第5部 学術と社会 
解 説 変化する社会とのかかわり                 
1 経済成長と科学 (広重 徹)                          
2 日本のイノベーション・システムにおける大学の役割-産学間の知識のフロー (後藤 晃・永田 晃也)
3 日本の産学連携-課題と展望 (宮田 由紀夫)                  
4 科学者の社会的責任と科学コミュニケーション (藤垣 裕子)           
5 近未来の学術情報-事実と憶測 (名和 小太郎)  


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。