大学出版部協会

 

 表象と映画=機械の臨界点ヴィジュアル・クリティシズム

ヴィジュアル・クリティシズム 表象と映画=機械の臨界点

A5判 352ページ 並製
価格:3,850円 (消費税:350円)
ISBN978-4-472-40377-4 C0070
奥付の初版発行年月:2008年11月

内容紹介

20世紀はヴィジュアルな表現に席巻された時代だった――。本書は、実写映画からアニメーション、モダン・アートから古典的な絵画や写真までを対象に、視覚表現の具体的な分析と理論的な考察をおこなう論集。20世紀のヴィジュアルな表現について問い、そこから20世紀のさまざまな表現に通じる大きな視点を引き出す。


目次

視覚表現の二〇世紀――序文に代えて

Ⅰ 図像とアニメーションの部屋
ジャポニスムの現在(押野武志)
アニメーション/運動/物語――宮崎駿に注目して(榊祐一)

Ⅱ 映画の部屋
カルメンはどこに行く――戦後日本映画における〈肉体〉の言説と表象(斉藤綾子)
キートン、機械、中国の「工業題材映画」(応雄)
〈非―決定〉の闇――黒沢清『回路』について(川崎公平)

Ⅲ 理論的実践の部屋
存在と表象――メルロ=ポンティによる芸術論の周縁(飛嶋隆信)
滅多にない花のように――「アウシュヴィッツ以後」におけるクラカウアー『映画の理論』の救済(藤井仁子)
世界の断面――ゴダール・消失・回帰(佐藤淳二)
間のイマージュ――バルト・小津・ドゥルーズ(中山昭彦)

 天使のように舞い降りる――あとがきへの夢


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。