大学出版部協会

 

海を渡ったサムライの娘 杉本鉞子

海を渡ったサムライの娘 杉本鉞子

四六判 200ページ 並製
価格:2,090円 (消費税:190円)
ISBN978-4-472-30274-9(4-472-30274-8) C0023
奥付の初版発行年月:2003年07月

内容紹介

激動の明治維新期に越後の家老の家に生まれ、厳格な躾を受けて育った杉本鉞子は、文明開化の東京、アメリカで異文化と出会い、英文の自伝『武士の娘』を著し、日米文化交流の懸け橋の役割を果たした。武士の娘としてのモラルに照らして行動した鉞子の人間像を、『福翁自伝』の福沢諭吉と対比しながら浮かび上がらせる。


目次

序章 自伝と自伝的作品とのあいだ/第一章 鉞子のルーツ―長岡と米百俵(長岡班の二つの顔 北越戦争と敗戦後の窮乏 他)/第二章 鉞子の生涯―越の国(北越戦争と父の苦悩 稲垣家の人々 盂蘭盆 他)/第三章 鉞子の生涯―外つ国へ(文明開化の東京へ ウィルソン家の人々と結婚式 異郷の花 武士の娘の死 他)/第四章 異文化との出会い(文明開化の窓 ミッション・スクール入学 『菊と刀』 他)/第五章 異文化への対応(異文化接触とアイデンティティ 鉞子の矜持 現地体験の意義 他)/終章 “二重国籍者”鉞子の視座


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。