大学出版部協会

 

大学評価 その後の20年

高等教育研究第23集
大学評価 その後の20年

A5判 188ページ 並製
定価:2,600円+税
ISBN978-4-472-18050-7 C3037
奥付の初版発行年月:2020年07月 / 発売日:2020年07月中旬

内容紹介

2000年に大学評価・学位授与機構が設置されてから20年。日本の高等教育は評価によって質を改善し、社会からの評価を獲得できたのか。日本の高等教育の評価はどのような点で効果がみられ、どのような点に課題があり、今後の改善可能性をどう考えればよいのか。学術的かつ包括的な視点から、大学評価の現状を批判的に問い直す。


目次

《特集 大学評価 その後の20年》
大学評価 その後の20年─特集の趣旨─(日本高等教育学会研究紀要編集委員会)
大学評価の20年(林隆之)
認証評価の課題と可能性(野田文香)
大学評価と資源配分の関係―国立大学法人と私立大学への新しい資源配分の仕組み―(山田礼子)
研究評価と資源配分―米独英との比較を通して得られる示唆―(遠藤悟)
大学教員の人事評価―理論と実践からの示唆―(山本清)
大学における教育の評価とマネジメント―内部質保証の推進課題としての捉えなおし―(鳥居朋子)
高等教育質保証の国際的連携―世界のダイナミズムの下で日本が経験したこと―(米澤彰純)

日本高等教育学会の設立趣旨
日本高等教育学会会則
「高等教育研究」投稿規定
「高等教育研究」執筆要領
二重投稿の禁止について
既刊「高等教育研究」総目次
編集後記


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。