大学出版部協会

 

 使用の集積の中にある偶然と必然言語とフラクタル

言語とフラクタル 使用の集積の中にある偶然と必然

A5判 344ページ
価格:4,840円 (消費税:440円)
ISBN978-4-13-080257-4 C3080
奥付の初版発行年月:2021年06月 / 発売日:2021年06月上旬

内容紹介

「壊れたフラクタル」?――これほど複雑・多様かつ変化する人間のことばにあって,どんな時代の,どんな言語の,どんなジャンルでも成り立つという「統計的言語普遍」.現代の計算機言語学が提示する不思議を検証し,その意味を考えることから,人間の記号使用の深奥に迫ってゆく.

著者プロフィール

田中 久美子(タナカ クミコ)

東京大学先端科学技術研究センター教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第I部 導入
 第1章 はじめに
 第2章 普遍
 第3章 複雑系としての言語

第II部 要素の分布の特性: 開放性・稀少性
 第4章 順位頻度分布
 第5章 Zipf 則の普遍性
 第6章 派生的な冪乗則

第III部 系列の特性: 塊現象・長期記憶
 第7章 単語の出現間隔分布
 第8章 長相関
 第9章 ゆらぎ
 第10章 複雑さ

第IV部 統計的言語普遍から言語の部分構造へ
 第11章 言語要素の分節
 第12章 単語の意味・価値
 第13章 要素の大きさと頻度
 第14章 長期記憶と文法構造

第V部 統計的言語普遍と言語の数理モデル
 第15章 Zipf則に関する理論的考察
 第16章 数学的生成モデル
 第17章 言語モデル

第VI部 思索的考察
 第18章 再帰性・自己相似性と記号
 第19章 言語ゲームと稀少性
 第20章 統計的言語普遍と「構造」

結語
 第21章 結語

付記
 1 用語と記法
 2 数学的補足
 3 データ

Statistical Universals of Language:
Mathematical Chance vs. Human Choice
[Japanese Edition]
Kumiko TANAKA-ISHII

Translation from ENGLISH Language Edition:
Statistical Universals of Language
Kumiko TANAKA-ISHII
Springer International Publishing AG (2021)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。