大学出版部協会

 

 儀礼空間からみた都市・建築史近代天皇制と東京

近代天皇制と東京 儀礼空間からみた都市・建築史

A5判 400ページ
定価:7,000円+税
ISBN978-4-13-066861-3 C3052
奥付の初版発行年月:2020年06月 / 発売日:2020年06月中旬

内容紹介

明治2年の東京奠都(てんと)以降の,国家と天皇に関わる儀礼空間を,式場の建築,敷地全体,行幸啓経路を一体としてとらえ,その全体像を明らかにする.伝統の継承と模倣,創造という観点から,近代天皇制が東京の都市空間の形成に与えた影響を考察する.

著者プロフィール

長谷川 香(ハセガワ カオリ)

東京理科大学理工学部助教

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに 「土地の記憶」をめぐって

序 章 帝都・東京と儀礼――研究史整理と問題の所在
  一 近代天皇制における儀礼の意義
  二 近代天皇制と帝都の形成
  三 都市的観点からみる東京の儀礼空間
  四 建築的観点からみる東京の儀礼空間
  五 本書の目的

第一章 儀礼の全体像とその分類――「都市を舞台とする儀礼」の位置付け
  一 近代の典憲体制における儀礼と行幸啓
  二 儀礼と都市との関係性
  三 都市を舞台とする儀礼の範囲

第二章 祝賀儀礼と都市――多様な主体が催す儀礼空間の都市的拡がり
  一 各儀礼の会場と行幸啓経路
  二 祝賀儀礼の都市的拡がりの変遷
  三 おわりに――宮中,政府と市民の意向

第三章 祝賀儀礼の建築――式殿にみる「御殿風」様式の系譜
  一 各儀礼の次第と会場計画
  二 式殿を中心とした会場計画の成立と標準化
  三 「御殿風」様式のイメージ
  四 おわりに――儀礼の都市的拡がりと会場計画の関係性

第四章 大喪儀――東京市西部の練兵場・御料地の利用
  一 東京市西部の整備
  二 各大喪儀の敷地と葬送経路,式場計画
  三 大喪儀の儀礼空間の変遷
  四 おわりに――「霊域」としての記念性

第五章 軍事儀礼――練兵場と宮城前広場における観兵式
  一 練兵場,宮城前広場の整備
  二 観兵式の概要と時代区分
  三 式の次第と敷地の利用形態
  四 行幸啓経路
  五 観兵式における儀礼空間の特質
  六 おわりに――軍都・東京と練兵場

第六章 明治神宮外苑造営前史における空間構造の変遷――軍事儀礼・日本大博覧会・明治天皇大喪儀
  一 軍事儀礼と周辺整備――明治中期から大正初期
  二 日本大博覧会構想――明治四〇年代
  三 明治天皇大喪儀――大正元年
  四 明治神宮造営――大正期
  五 儀礼空間としての利用と空間構造の変遷
  六 おわりに――明治神宮外苑における「土地の記憶」

結 章 近代天皇制と都市・建築
  一 祝賀儀礼・大喪儀・軍事儀礼の都市的拡がりとその変遷
  二 儀礼空間の創出と「土地の記憶」の形成
  三 今後の課題と展望
  四 おわりに――「土地の記憶」の継承

附 録 儀礼一覧


Modern Emperor System and Tokyo:
An Urban and Architecture History Through Ceremonial Space
HASEGAWA,Kaori


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。