大学出版部協会

 

 ゲーデルの20世紀ゲーデルと20世紀の論理学1

ゲーデルと20世紀の論理学
ゲーデルと20世紀の論理学1 ゲーデルの20世紀

A5判 240ページ
価格:4,180円 (消費税:380円)
ISBN978-4-13-064095-4(4-13-064095-X) C334
奥付の初版発行年月:2006年07月

内容紹介

ゲーデルを筆頭に,多くの傑出した数学者や哲学者が誕生した20世紀.それぞれがしのぎを削り,優れた技法を開発し内容を深めることによって,論理学は「ロジック」へと発展していく——日本を代表するロジシャンが,自らの体験をふまえ,その生きた姿を語る.

ゲーデルと20世紀の論理学【全4巻】


目次

序 ブールからゲーデルへ——20世紀ロジックの形成(田中一之)
I ゲーデルと日本——明治以降のロジック研究史(田中尚夫・鈴木登志雄)
1 高木貞治と数学基礎論——明治・大正期の先駆者たち
2 昭和初期の日本に届いたゲーデルの波紋
3 赤い本とそれ以後のゲーデル——大戦末期から1960年代まで
4 数理論理学のさまざまな発展——1970年代以降
II ゲーデルと哲学——不完全性・分析性・機械論(飯田隆)
1 不完全性と分析性
2 人間と機械
付論 ゲーデルと第二次大戦前後の日本の哲学
III ロジシャンの随想
1 プリンストンにて——私の基本予想とゲーデル(竹内外史)
2 20世紀後半の記憶——数学のなかの構成と計算(八杉満利子)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。