大学出版部協会

 

 コンパクトなまちづくり,富山の経験コンパクトシティのアーバニズム

コンパクトシティのアーバニズム コンパクトなまちづくり,富山の経験

A5判 296ページ
定価:4,400円+税
ISBN978-4-13-061140-4 C3051
奥付の初版発行年月:2020年11月 / 発売日:2020年11月上旬

内容紹介

さまざまな機能を集約し,経済活動を活性化させ,持続可能なまちづくりを目指すコンパクトシティ.富山市は20年近くにわたり「コンパクトなまちづくり」を推進してきた.その原点と軌跡,そして現在を考察する.人口減少社会における有効な都市政策の姿がここにある.

著者プロフィール

中島 直人(ナカジマ ナオト)

東京大学大学院工学系研究科准教授

高柳 百合子(タカヤナギ ユリコ)

富山大学都市デザイン学部准教授

永野 真義(ナガノ マサヨシ)

東京大学大学院工学系研究科助教

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに(中島直人)

1 なぜ,富山市のコンパクトシティ政策なのか
   1.1 富山型コンパクトシティが与えたインパクト(高柳百合子)
   1.2 富山市における「コンパクトなまちづくり」の展開(中島直人)
   1.3 本書の構成(中島直人)

2 「コンパクトなまちづくり」の誕生                           
   2.1 富山のコンパクトな原風景(佐野浩祥・中島直人)
   2.2 戦後における都市化の進行と都市政策の変遷(宮下貴裕) 
   2.3 2000年時点での非コンパクトな都市、富山(野上正行) 
   2.4 コンパクトな街づくり研究会と「コンパクトなまちづくり」の誕生(深谷信介)
   2.5 富山ライトレールと「コンパクトなまちづくり」の初動形成(深谷信介)
   インタビュー1 「コンパクトなまちづくり」の原点を語る(森 雅志・中川 大)

3 「コンパクトなまちづくり」を具体化する施策の展開
   3.1 「お団子と串」の計画概念の整理(永野真義)
   3.2 結節点としての富山駅と周辺のリニューアル(佐鳥蒼太朗)
   3.3 中心商業地区:総曲輪周辺における都市再生事業の展開(仙石 宇)
   3.4 都心地区(まちなか)での居住推進プロジェクト(永野真義)
   3.5 公共交通利用促進と公共交通沿線拠点育成(森崎慎也)
   3.6 地域維持とライフスタイルを多様にする選択肢の提供(沼田康佑)
   補論1 データ重視のまちづくりからスマートシティへの展開(高柳百合子)
   補論2 富岩運河環水公園の誕生(佐野浩祥)

4 「コンパクトなまちづくり」で育まれゆく都市生活のスケッチ
   4.1 都市構造評価(マクロ)と拠点評価(ミクロ)を接続する試み(高柳百合子)
   4.2 まちなか高頻度利用者たちの日常行動パタンの可視化(沼田康佑)
   4.3 オープンエア型公共空間の創成と周辺変化:ひとのアクティビティの変容を背景に(山下裕子)
   4.4 まちなかに生まれた市民活動 大手モールでの20年の取り組みとその軌跡(阿久井康平)
   4.5 文化型地域生活拠点での「ついで」活動(永野真義)
   4.6 市民主体のお団子まちづくりの現在地(永野真義)
   補論3 メルボルンの「コンパクトシティ」と「リバブルシティ」(永野真義)
   インタビュー2 「コンパクトシティ」の成果を語る(森 雅志・中川 大)

5 「コンパクトなまちづくり」の経験から何を学ぶか(中島直人)

あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。