大学出版部協会

 

 科学社会学の新たな展開テクノサイエンス・リスクと社会学

テクノサイエンス・リスクと社会学 科学社会学の新たな展開

A5判 388ページ
価格:5,500円 (消費税:500円)
ISBN978-4-13-056105-1 C3036
奥付の初版発行年月:2009年09月

内容紹介

人びとは科学技術(テクノサイエンス)に問題解決への大きな期待を寄せ,またいっぽうで科学技術が社会に大きなダメージを与えるという強い不安を抱く.科学技術と社会を同時に語る適切な分析枠組とはどのようなものか.想定外の出来事に満ちた課題に取り組む科学社会学に,新たな理論を提供する.


目次

はじめに
1章 テクノサイエンスと社会学
2章 科学社会学の直面する問題状況——テクノサイエンス・リスクにどう接近できるか
3章 科学技術の構築主義と経路依存性
4章 科学社会学における社会観の批判的検討
5章 セクターモデルの提唱——テクノサイエンス・リスクを捉える
6章 セクターモデルの社会学的含意——テクノサイエンス・リスクの構造
付録/文献/あとがき/人名索引・事項索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。