大学出版部協会

 

 教育を可能とする概念をとらえ返す発達する自己の虚構

発達する自己の虚構 教育を可能とする概念をとらえ返す

A5判 320ページ
価格:7,700円 (消費税:700円)
ISBN978-4-13-051362-3 C3037
奥付の初版発行年月:2022年01月 / 発売日:2022年01月上旬

内容紹介

多様性が語られつつ、学校では規律・訓練が止まらず、働ける高齢者が「サクセスフル」だとされる。公平が叫ばれながら、格差を被る主体たちは競争に駆り立てられる。著者の「違和感」は、産業社会の価値である発達概念の省察へと向かう。その再検討で浮かび上がる、別の〈わたし〉とその繋がりの予兆とは。

著者プロフィール

牧野 篤(マキノ アツシ)

東京大学大学院教育学研究科教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに――自己に憑りつかれた私

第1章 〈いま〉の継起としての自己――再帰的ならざる人々の社会
序 問い返される主体
1 高齢者の社会参加論をとらえ返す
2 近代の再帰性と高齢者の発達
3 再帰性のほころびと〈主体〉
4 〈コミュニケーション〉としての存在
結 〈いま〉の継起としての自己

第2章 発達する自己の論理――近代資本制社会における人格の一般理論
序 近代資本制社会における自己
1 商品
2 資本
3 工場
4 拡大再生産
5 事後性と対自性
結 一貫した自己の論理

第3章 〈あいだ〉に生成する運動としての自己――対話の贈与によるものづくり
序 生産と自己へのまなざし
1 勤勉の解体と自己意識の変容
2 自己表現の運動
3 個人か、社会か
4 言語と貨幣
結 〈ことば〉と贈与

むすび 〈わたし〉に贈与される自己


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。