大学出版部協会

 

 アート制作から人間形成論へモノの経験の教育学

モノの経験の教育学 アート制作から人間形成論へ

A5判 320ページ
価格:6,050円 (消費税:550円)
ISBN978-4-13-051360-9 C3037
奥付の初版発行年月:2022年01月 / 発売日:2022年01月上旬

内容紹介

制作活動で何が学ばれるのか、アートの学びとは何か。理解、人間形成という理念的で価値的なプロセスが、実はいつも前提にしてい
る「外部」――具体的なモノの経験。その核に何があるかを、美術教育や、算数の課題等を例に、内外の教育思想家、美術教育関係者
、アーティストが論じ、実践・表現する刺激的な論集。

著者プロフィール

今井 康雄(イマイ ヤスオ)

日本女子大学人間社会学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに――「モノ」の経験へのアプローチ(今井康雄)

I. 教育過程からモノへ
第1章 学習の物質的基盤――平行四辺形の面積を事例として(今井康雄)
第2章 人間と物質的モノの出会いのなかの人間形成(アルント=ミヒャエル・ノール/鈴木 優訳)

II. 制作におけるモノ
第3章 教育空間におけるモノとメディア(今井康雄・眞壁宏幹・小松佳代子・堀江美由紀・郷 泰典)
第4章 《いつもとちがう風景》をめぐる考察(今井康雄)
第5章 紙で遊ぶ子どもたち――「シンボル生成」としての美的陶冶過程(眞壁宏幹)
第6章 美術制作におけるモノの質的変容(小松佳代子)
第7章 子どもの制作における事物の脱文脈/再文脈化過程から考える――デカルトの機械論的身体観と道徳の可能性(池田全之)

III. モノから人間形成論へ
第8章 芸術の力・不服従・学び――生を構築すること(デニス・アトキンソン/小松佳代子訳)
第9章 「暗黙知」と世界のミメーシス的獲得――視像性・遂行性・物質性(クリストフ・ヴルフ/今井康雄訳)
第10章 変容的な人間形成過程におけるモノの意味(ハンス=クリストフ・コラー/木下 慎訳)
第11章 世界のモノ、人間形成のコト――本テーマに関する試論(ローター・ヴィガー/山名 淳訳)
第12章 人間形成論の新たな展開――モノとメディアに関する概念整理の試み(山名 淳)

おわりに(今井康雄)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。