大学出版部協会

 

 「教育」の再定義のためにメディアの教育学

メディアの教育学 「教育」の再定義のために

A5判 336ページ
価格:5,500円 (消費税:500円)
ISBN978-4-13-051308-1(4-13-051308-7) C303
奥付の初版発行年月:2004年06月

内容紹介

子供との「触れ合い」=直接的接触をめざして脅迫的に反復される数々の教育論.それが不毛に終わるのは,ある不透明な媒質=「メディア」こそが教育を可能にしている基盤だからではないか.アニメ,ケータイから,「教育思想の「ポストモダン」後まで,「現代日本の教育現実と教育言説を異貌の目で描き出す.


目次

I 教育からメディアへ
 (インターメッツォ・ニーチェと現代の教養論)
II 「戦後教育学」をこえて:現代教育の風景
 1 見失われた公共性をもとめて
 2 現代学校の状況と論理:戦後教育学における議論
 3 教育学の「ポストモダン」体験:日本の場合
 4 教育学の暗き側面?:教育実践の不透明性について
 (インターメッツォ・「自由電子」としての教育哲学)
III フーコー/ルーマン/ハーバーマスのはざまで:現代教育学の座標
 5 教育学批判の系譜
 6 ドイツ教育学の現在:「ポストモダン」のあとに
 7 ハーバーマスと教育学
 (インターメッツォ・<目的-内容-方法>図式の不毛)
IVメディアから教育へ:現代教育分析の視点
 8 教育学における経験・表象・仮想性
 9 教育とメディア:日本における議論の状況
 10 メディアとしての「国語」:西尾・時枝論争
 11 完全に展開された主体の構成主義
 12 子どもの美的経験の意味


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。