大学出版部協会

 

 植民地支配・革命・民主主義自由のための暴力

自由のための暴力 植民地支配・革命・民主主義

A5判 304ページ
価格:6,050円 (消費税:550円)
ISBN978-4-13-050203-0 C3036
奥付の初版発行年月:2021年07月 / 発売日:2021年07月中旬

内容紹介

ヨーロッパの歴史と思想に基づく暴力論を踏まえ,現代世界における解放をめぐる暴力の実態に注目して,政治的暴力について考察する.脱植民地化や革命,民主化に関わる暴力からテロリズムまで,国際社会学・アフリカ研究を牽引してきた著者ならではの暴力論.

著者プロフィール

小倉 充夫(オグラ ミツオ)

津田塾大学名誉教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに

第1章 自由のための暴力
1.抵抗と暴力
2.暴力の代償
3.テロリズムをめぐる問題

第2章 非暴力の理念と現実
1.非暴力の主張と暴力批判
2.手段としての非暴力
3.非暴力の条件と限界
4.宗教と暴力・非暴力

第3章 革命と暴力(1)―理想と現実
1.革命と暴力批判
2.革命政権の暴力と民衆
3.革命における暴力の歴史的・国際的条件
4.革命の限界と遺産

第4章 革命と暴力(2)―後進国革命と国家暴力
1.エチオピア革命の開始と背景
2.忍び寄る革命
3.乗っ取られた革命
4.革命と市民組織
5.メンギスツ体制への挑戦と体制崩壊
6.エチオピア革命の特徴

第5章 植民地支配と現代の暴力
1.支配の正当化と暴力
2.独立と解放の乖離
3.国家暴力の正当化
4.「合意なき国家」の形成と暴力

第6章 民主主義と暴力
1.民主主義の暴力
2.「合意なき国家」の民主化と暴力
3.冷戦後の民主化と暴力

おわりに


Violence and Freedom:
Colonial Rule, Revolution and Democracy
Mitsuo OGURA


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。