大学出版部協会

 

 解説と実践国際関係研究の方法

国際関係研究の方法 解説と実践

A5判 336ページ
価格:4,290円 (消費税:390円)
ISBN978-4-13-030181-7 C3031
奥付の初版発行年月:2021年09月 / 発売日:2021年09月中旬

内容紹介

国際関係はどのように研究すればよいか.気鋭の国際関係研究者がゲーム理論,計量分析,テキスト分析,サーベイ実験といった方法を解説しながら,安全保障や国際貿易・金融,難民問題を題材に量的方法による分析を実践し,国際関係研究の醍醐味を示す.

著者プロフィール

鈴木 基史(スズキ モトシ)

京都大学大学院法学研究科教授

飯田 敬輔(イイダ ケイスケ)

東京大学公共政策大学院教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 国際関係研究の方法(鈴木基史・飯田敬輔)

第1部 制度と戦略:ゲーム理論
第1章 同盟のゲーム理論分析:事前協議制度と安心供与(石田 淳)
第2章 WTO紛争処理制度のゲーム理論分析:GATT21条を手がかりとして(飯田敬輔)
第3章 貿易交渉と貿易戦争の2レベルゲーム分析:米中貿易戦争を事例に(石黒 馨)
第4章 国内抗議活動と国際貢献をめぐるゲーム理論分析:国連平和維持活動への部隊派遣を事例に(岩波由香里)

第2部 制度の効果:計量分析
第5章 地域制度の計量分析:東アジア地域金融制度の浸透(鈴木基史)
第6章 国際制度としての国境の計量分析:国境画定がもたらす民族紛争への影響(伊藤 岳)
第7章 外交の計量分析:外交使節制度の衰微と再生(浅野 塁・井奥崇輔・栗崎周平)

第3部 制度と理念:テキスト分析
第8章 国際難民制度のテキスト分析:UNHCRにおける北欧諸国の発言を事例に(中山裕美・土井翔平)
第9章 国際金融制度のテキスト分析:IMFとAMROの国別報告書の比較(松尾晃孝・鈴木基史・宇治梓紗)

第4部 制度と認識:サーベイ実験
第10章 核兵器タブーをめぐるサーベイ実験:日本人の認識を事例に(ジョセフ グリエコ・松村尚子・多湖 淳)
第11章 核抑止制度をめぐるサーベイ実験:第二撃の実行条件(小濵祥子)

終 章 国際関係研究の展望(飯田敬輔)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。