大学出版部協会

 

 福沢諭吉・井上哲次郎・和辻哲郎国民道徳とジェンダー

国民道徳とジェンダー 福沢諭吉・井上哲次郎・和辻哲郎

四六判 304ページ
価格:2,500円+税
ISBN978-4-13-030142-8 C301
奥付の初版発行年月:2007年04月

内容紹介

大日本帝国の精神的支柱となった「国民道徳」——本書は,新たな国家建設に乗り出した明治日本が「国民道徳」を構築した過程とその思想体系,またそこに隠されたジェンダーの罠を,従来語られることのなかった福沢—井上—和辻という系譜を通じて,更に戦後の思想枠組を築いた丸山真男をも視野に入れ,大胆に解き明かす.


目次

第I部 西洋との遭遇——福沢諭吉
第1章 ファミリー、ネーション、モラル
1 御一新
2 家族・ネーション——『西洋事情 外編』
3 モラル——九鬼隆義宛書簡・「中津留別之書」・『学問のすゝめ』
4 家族と世間・私徳と公徳——『文明論之概略』
第2章 残された『覚書』
1 日本士族の気風
2 状況の違いとモラルの模索
3 スペンサー及びミルの「婦人」論と福沢
4 トクヴィルと福沢の「婦人」論
第3章 国民道徳の胎動
1 『時事新報』の道徳論
2 徳の体系
第II部 勅語の時代——井上哲次郎から和辻哲郎へ
第1章 突撃 井上哲次郎
1 教育勅語と福沢諭吉
2 帝国大学と井上哲次郎
3 修身書量産と戊申詔書
第2章 複数の顔 和辻哲郎
1 おどり出る和辻哲郎
2 「不敬」井上哲次郎
3 ためらいと洋行
4 藤井健治郎『国民道徳論』
5 人倫的国家
第3章 家族国家


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。