大学出版部協会

 

 危機のしるしイメージの記憶(イメージのかげ)

イメージの記憶(イメージのかげ) 危機のしるし

四六判 360ページ
価格:4,730円 (消費税:430円)
ISBN978-4-13-010152-3 C3010
奥付の初版発行年月:2022年05月 / 発売日:2022年05月上旬

内容紹介

世界に溢れ続けるイメージは喫緊の思想的・文化的テーマである。像=イメージを行為主体と捉えるブレーデカンプによる像行為論の可能性を検討しつつ、独自の「像即是空、空即是像」たる「かげ」としての論理へと至る最新論集。

著者プロフィール

田中 純(タナカ ジュン)

東京大学大学院総合文化研究科教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次



I 行為する像(イメージ)
 第1章 創像された怪物の解剖学──像行為論の射程
 第2章 握斧(ハンドアックス)の像行為──起源/根源のメイキング
 第3章 不死のテクノロジーとしての芸術──生政治のインスタレーション
 第4章 物質論的人文知(ヒューマニティーズ)としての考古学
      ──同時代への退行的発掘
  1 新石器時代の終わり?
  2 野生の考古学
  3 考古学的物質性
  4 野生の考古学と歴史経験
  5 アーカイヴという発掘現場
  6 人文知の先立未来 
 第5章 死者の像の宛先──スーザン・ソンタグの亡骸

II 『ムネモシュネ・アトラス』を継ぐ
 第1章 モンタージュ/パラタクシス──パラダイム転換のために
  1 イメージによる歴史叙述の「リアリズム」
  2 テオ・アンゲロプロスの映画における空舞台 
  3 マックス・エルンスト《主の寝室》の皮膚
  4 「歴史の地震計」のヘテロトピア
 第2章 フィールドノートという自伝──霊たちのためのドローイング
 第3章 見えない瓦礫を投げる──蜂起の身振り
 第4章 歴史のゴースト・プラン──宇佐美圭司の絵画論をめぐって
 第5章 心理歴史的地図からイメージ記憶の散歩へ
      ──『ムネモシュネ・アトラス』再考
 第6章 夜の共同体へ──パスカル・キニャールに

III ホロコースト表象の現在
 第1章 ホロコースト表象の転換点──『サウルの息子』の触感的(ハプティック)経験
  1 迷宮と化す映像空間 
  2 「黒」からの脱出  
  3 「子供の死」というトポス  
  4 触感的(ハプティック)な歴史叙述としての映画 
 第2章 それ(エス)の地下室(クリプト)──ゲルハルト・リヒター《ビルケナウ》
 第3章 生と死のシンメトリー──セルゲイ・ロズニツァ『アウステルリッツ』

IV 建築的想像力の神話学
 第1章 巨人と小人の無垢──ベンヤミンと冥府の建築家たち
 第2章 魔術的洞窟──キースラーのシャーマニズム
 第3章 死の女神としての家──「三匹の子ブタ」異聞
 第4章 白い錯乱──ル・コルビュジエの「最初の絵画」
 第5章 デミウルゴスのかたり──磯崎新の土星(サトゥルヌス)的仮面劇
  1 異形の双面神(ヤヌス)
  2 都市破壊業からもうひとつのユートピアへ
  3 サトゥルヌスとしてのデミウルゴス
  4 黒い翁の流言

V 危機のしるし
 第1章 『シン・ゴジラ』の怪物的しるし──未来からの映画
  1 「覚醒」という出来事  
  2  テクノロジーの時代のレヴィヤタン  
  3 「ゴジラ」という名の影  
  4 「喩」を喰い破る「怪物」  
  5 怪物・彗星・しるし  
 第2章 トランプ/ネロ/ペルセウス──斬首された自由
 第3章 ウンブラル──パンデミック下の「歴史の閾」
 第4章 生の弱さの底に降りて行く──カミュ『ペスト』に寄せて
  1 敗者による歴史叙述としての「ペスト」
  2 言葉への誠実さ(l'honnêteté)
  3 生の脆弱さに沈潜する 
 第5章 イコノクラスムの彼方へ──像なき時代を創像する
 第6章 無の色気──デヴィッド・ボウイから世阿弥へ

結 論 「かげ」なる像の「うつろひ」へ向けて
  1 技術的創像の時代のアートとサイエンス
  2 パラタクシスのリアリズム
  3 ホロコーストの創像的歴史叙述と建築の根源(アルケー)
  4 しるしと謎
  5 「かげ」の「うつろひ」


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。