大学出版部協会

 

 植民地・共和国・オリエンタリズムヨーロッパ文明批判序説

ヨーロッパ文明批判序説 植民地・共和国・オリエンタリズム

A5判 496ページ
価格:7,700円 (消費税:700円)
ISBN978-4-13-010092-2(4-13-010092-0) C301
奥付の初版発行年月:2003年04月

内容紹介

光輝くキリスト教文明と,暗闇としてのイスラーム世界?いまなお揺るぎないヨーロッパのアイデンティティの淵源とは?ミシュレ,ユゴー,ルナン…近代の多様な言説の徹底した分析を通して,「ヨーロッパ」・「近代」に迫る比類なき挑戦の書.


目次

第I部 島と植民地
 1 1870年代の地球儀とポリネシア幻想
 2 「絶海の孤島」から「愛の楽園」まで
 3 黒人奴隷と植民地
 4 フランス共和国の奴隷制廃止派(アボリシオニスト)たち
第II部 言説としての共和国
 1 国境の修辞学——ミシュレの方へ
 2 「ナショナル・ヒストリー」から「国民文学」へ
    ——ヴィクトル・ユゴーを求めて
 3 共和国の辞典——ピエール・ラルースをめぐって
第III部 キリスト教と文明の意識
 1 知の領域としてのオリエント
 2 セム対アーリア
 3 記述されたイスラーム世界
 4 非宗教性(ライシテ)の時代のキリスト教


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。