大阪大学出版会

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-7 大阪大学ウエストフロント
TEL 06-6877-1614
FAX 06-6877-1617
URL  http://www.osaka-up.or.jp
e-mail info@osaka-up.or.jp

設   立 1993(平成5)年4月
組   織 一般財団法人大阪大学後援会
会   長 三成賢次(大阪大学大学院法学研究科教授)
編 集 長 岩谷美也子
職 員 数 7名

〈創設期〉

▼大阪大学に出版会をもつことは早くからの念願であったが、本格的な準備は、1991年の大阪大学創立60周年記念事業の一環として進められた。1992 年6月に、アサヒビール株式会社からの寄附を基金として、財団法人大阪大学後援会出版事業部(対外的には「大阪大学出版会」と称する)として出発することが決定され、翌1993年(平成5)4月1日、正式に発足した。
▼本会の目的と事業は、欧米諸国や国内の先行大学の例が示すように、大阪大学の研究・教育・啓蒙という3つの機能に対して出版事業を通じて参加することである。これを達成するために、学内教官等から構成される出版委員会が設けられ、大学の理解と協力を得ている。
▼1993年12月に『ウイグル文契約文書集成』を刊行、スタートを切った。この書は、中央アジアから出土したウイグル文書について解読し分析した日独両語・全3巻からなる大著であった。このとき取次6社との取引口座を開設した。1994年4月には、大学出版部協会へ準会員として加盟、1998年から正会員となる。1996年には日本書籍出版協会へも加盟した。

〈大学改革と出版会〉

▼近年の大学改革により、研究の高度化と細分化・学問領域の融合が進む中で、学術研究書の使命はますます重要となっている。本会では、若手研究者による新知見に基づくもの、第一人者が自らのライフワークをおもねることなくまとめたもの、すなわち『NPO政策の理論と展開』『書芸術の地平』『現代英語の等位構造』『触媒作用』『国際家族法の理論』などを相次いで刊行した。
▼大学改革の実例を示すものとして、大学と産業界との連携の在り方を提言する『大学改革とナノテクノロジーの未来』『大学と社会は連携から「融合」へ』を出版。国際基準・民間の手法を採用した革新的運営システム・研究の先行例を紹介した。
▼また、「開かれた大学」を指向し、社会に貢献するため、大学は研究成果を広く公開・還元することが求められている。2001年には大阪大学創立70周年記念出版として、大学での話題性豊かな最先端の研究を市民に対しわかりやすく解説した「大阪大学新世紀セミナー」(全31巻)を刊行した。また、2003 年には、大阪大学発信の新しいスタイルの教科書シリーズ「大阪大学新世紀レクチャー」を創刊した。

〈地域に生き 世界に伸びる〉

▼大阪大学のモットーである「地域に生き 世界に伸びる」の「地域に生き」を反映し、大阪大学に息づく学問的伝統も積極的にとりあげ、独自の地域性を志向していきたい。懐徳堂と適塾は大阪大学の源流というだけでなく、近世日本の学問に大きな影響を与えた学校である。概説書のほか『懐徳堂事典』『適塾アーカイブ』、『適塾資料目録』など、資料面での充実も図っている。
▼また、「世界に伸びる」べく『Gender and Japanese History Vol 1・2』『Causal Relations and Clause Linkage』『Orthodontics in the 21st Century』などの英文書も出版。編集の進め方、販売経路の確立など課題は多いが、外国へ発信してゆく姿勢は持ち続けたい。

〈さらなる発展に向けて〉

▼本会は今年10周年の節目を迎えている。商業出版とは一線を画していても、財政基盤が安定していなければ、組織の維持・発展は望めない。2001年から書店を対象とする販売促進活動を開始した。また、2002年度には、財団法人大阪大学後援会による「大阪大学教官等の書籍出版経費助成」制度が創設された。企画面でも、出版委員会委員の協力を得つつ、科研費などの助成対象図書の応募を一層増やすとともに、学術性・市販性を兼ね備えた企画の開拓に努めたい。今後、組織の充実強化を図りつつ、研究者、学生はもちろん、社会から必要とされる出版会を目指し、さらなるステップアップを期したい。

Osaka University Press
Address (Japan)
2-7 Yamadaoka, Suita-city Osaka 565-0871, JAPAN
Phone
+81-6-6877-1614
Fax
+81-6-6877-1617
Email
info@osaka-up.or.jp
Web
http://www.osaka-up.or.jp

History
Osaka University Press was established aiming to publish the results of the science research by mainly Osaka University researchers and to contribute the educational, research , and enlightening activity in 1993. We have been published about 160 of scientific books, educational books, textbooks , and dictionary etc. so far.

Main Types of Publishing / Main Subjects
Literature, psychology, language, art, history, law, economy, education, engineering, science, medicine

How to Order
Publications are available at bookstores and online-bookshops in Japan.