大学出版部協会

 

 「体罰」を読み直す 近代公教育の陥穽

近代公教育の陥穽 「体罰」を読み直す 

A5判 並製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-947553-62-1 C3037
奥付の初版発行年月:2015年02月 / 発売日:2015年03月上旬

内容紹介

「体罰はいけない!」「いや、体罰も必要だ!」
「体罰」は、いまだ終わりが見えない論争の中にある。ふり返れば、私たち誰しもの身近にある体罰。この体罰の日常に、これまで私たちはいかにかかわってきたのか。そして、これからいかにかかわってゆけばよいのか。
本書は、体罰を「近代公教育の陥穽<おとしあな>」として捉え、そこから再び体罰を「読み直す」道を探る一冊である。ここには体罰をめぐる教育と法(教育行政学・法学・教育哲学)の地平からの多角的な考察とともに、体罰をめぐる新たな地平を切り拓くためのひたむきな対話が収められている。「体罰はいけない!」を超えて、私たちは、近代公教育の陥穽<おとしあな>である体罰からいかに抜け出すことができるのか。本書の考察と対話は、その道を指し示す一つの道標となるものである。
本書は、現職の教員の方々をはじめ、これから教員を目指す学生、スポーツ指導者、そして保護者の方々にも推薦する一冊である。


目次

第一章 それでも体罰は止まらない
第二章 学校教育法が禁止する「体罰」とは何か
      -「『体罰』の禁止」をめぐる法規範と問題点-
第三章 学校教育における体罰の思想
第四章 「体罰」を読み直す-各論の考察-


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。