大学出版部協会

 

 『スートラサムッチャヤ』を読む仏教のエッセンス

TU選書5
仏教のエッセンス 『スートラサムッチャヤ』を読む

四六判 288ページ 並製
定価:1,900円+税
ISBN978-4-924297-55-5 C0315
奥付の初版発行年月:2009年03月

内容紹介

「人としてこの世に生を受けること自体が得難いことである」
いま心の転換をして生きる意味と喜びを見出せなければ、いつできるのか。『スートラサムッチャヤ(大乗宝要義論)』をチベット訳とその註釈から解読し、四段階の瞑想法を修習しながら、仏教のエッセンスに迫る。

著者プロフィール

一島 正真(イチシマ ショウシン)

1962年大正大学仏教学部卒業
1969年大正大学大学院文学研究科博士課程満期退学
1975年ハワイ大学宗教学部講師
1976年カリフォルニア大学バークレー校客員准教授
1991年大正大学助教授
1997年大正大学教授 現在に至る
主な著書に、「バーヴァナークラマⅢ(梵英訳)」『大正大学綜合佛教研究所年報』(1979年)、『英訳 天台四教儀』(第一書房、1983年)、「知られざるハンガリーの英雄チョーマ」『国際化時代のアイデンティティ』(春秋社、1998年)、『天台宗読経偈文全書Ⅳ 真言陀羅尼篇』(四季社、2003年)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第一部 心の闇を除く瞑想法
 第一章 仏がこの世に出ることは得難い
 第二章 人身は得難い
 第三章 恵まれた余暇は得難い
第二部 心の闇に光を入れる瞑想法
 第四章 如来の教えを信じることは得難い
 第五章 悟りを求め仏道を行おうとする心は得難い
 第六章 大悲は得難い
第三部 心の貧をなくす瞑想法
 第七章 法を障げる人たちを追い払うことは得難い
 第八章 在家の居士でありながら仏法を真剣に求める衆生は得難い
 第九章 涅槃を巧みに体得することは得難い
 第十章 一乗を信じることは得難い
第四部 心のよろこびを増大する瞑想法
 第十一章 仏・菩薩の広い心を理解することは得難い
第五部 摂偈


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。