大学出版部協会

 

 -ベトナムからイラクまで-『女性自身』が伝えたアメリカの戦争

『女性自身』が伝えたアメリカの戦争 -ベトナムからイラクまで-

B5判 315ページ
定価:2,800円+税
ISBN978-4-924297-51-7 C0020
奥付の初版発行年月:2007年05月

内容紹介

女性週刊誌をテキストとして「戦争報道」を読み解く。女性週刊誌は、 <アメリカの戦争> をいかに伝えたか。読者はどのような情報を欲したのか。
 『女性自身』(光文社刊)に掲載されたアメリカの戦争に関する記事を網羅的に収録した、戦争報道を読み解く有益な資料。解説を付す。

* 朝日新聞に書評が掲載されました (2007年6月10日(日))
* 「日本図書館協会選定図書」に認定されました (2007年6月19日)


目次

Ⅰ ベトナム戦争 二重体児分離手術まで(昭和40~51年・昭和61~63年)
Ⅱ 湾岸戦争(平成2~12年)
Ⅲ イラク戦争(平成15~17年)
   <補足>  アフガン攻撃時のイスラム女性に関する報道(平成13~14年)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。