大学出版部協会

 

グローバル時代の宗教間対話

グローバル時代の宗教間対話

四六判 300ページ
定価:2,400円+税
ISBN978-4-924297-14-2(4-924297-14-3) C3014
奥付の初版発行年月:2004年02月

内容紹介

テロと戦争で幕を開けた21世紀。グローバリゼーションの大津波、それに抗うローカリティ。世界は秩序と安定を失いながら迷走する。人類と地球を救うために、世界三大宗教の「対話」「協力」は可能か?日本宗教学会学術大会の成果。


目次

緒 言 「宗教間対話」とは何か −星川啓慈・山梨有希子
第1章 宗教間における「教理」の問題 −星川啓慈
第2章 イスラームの知と宗教間対話の意味 −鎌田繁
第3章 イスラームをめぐる宗教間対話 −塩尻和子
第4章 宗教的多元性とキリスト教の再構築 −芦名定道
第5章 仏教における「諸宗教の教学」の可能性 −高田信良
第6章 グローバリゼーションと宗教 −山梨有希子
第7章 宗教のグローカル化と宗教多元主義の新しいシナリオ
−間瀬啓允


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。