大学出版部協会

 

 こころの安寧を求めてスピリチュアルペインに向き合う

スピリチュアルケアを学ぶ2
スピリチュアルペインに向き合う こころの安寧を求めて

A5判 204ページ 並製
定価:2,200円+税
ISBN978-4-915832-94-9 C0311
奥付の初版発行年月:2011年11月

内容紹介

スピリチュアルケアは「魂へのケア」とも言い換えられるように、心の深みにある不安や畏れ、「私の人生の目的は何か」、「私の負った苦しみの意味は何か」といった思いに苦しむ方々へのケアである。本書には日本的視点からスピリチュアルケアの本質に迫ったカール・ベッカー氏の「医療が癒やせない病」、また、亀田総合病院の西野洋氏が自身のスピリチュアルペインに向き合う体験をもとに医療の本質を述べた「一臨床医のナラティブ」が収録されている。私たちが気づかなかった自分自身の根底にあるスピリチュアルなものを見いだすきっかけを与える内容となっている。

著者プロフィール

窪寺 俊之(クボテラ トシユキ)

聖学院大学大学院教授(スピリチュアルケア学)。博士(人間科学、大阪大学)。
1939年生まれ。埼玉大学卒業(教育学部)、東京都立大学大学院(臨床心理学)に学ぶ。米国エモリー大学神学部卒(神学)、コロンビア神学大学大学院卒(牧会学)。米国、リッチモンド記念病院(ヴァージニア州)と淀川キリスト病院(大阪市)でチャプレン(病院付牧師)。イーストベイ・フリーメソジスト教会牧師(米国、 サンフランシスコ市)。関西学院大学神学部教授を経て現職。日本臨床死生学会理事、スピリチュアルケア学会理事、日本神学会会員、日本福音主義神学会員、実践神学の会会員、日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団評議員。

カール・ベッカー(ベッカー,カール)

京都大学こころの未来研究センター教授。
1951年 アメリカ・イリノイ州生まれ。1971年 同州プリンシピア大学哲学科卒業。 京都大学他で東洋宗教を研究し、ハワイ大学で博士号を取得。南イリノイ大学、ハワイ大学、筑波大学を経て、92年から京都大学助教授、98年より同教授。
「日本的」な医療倫理と教育実践を目指し、生きがい感と自殺防止の関わり、患者中心のインフォームド・コンセント、ホスピス、ターミナル・ケア等の研究に取り組む。

西野 洋(ニシノ ヒロシ)

安房地域医療センターメディカルディレクター。
1954年生まれ。徳島大学医学部卒業。1986年に米国メイヨークリニックにリサーチフェローとして留学、レジデント、クリニカルフェローを経て神経内科助教授となる。96年に帰国、亀田メディカルセンター神経内科医長となり、神経内科部長を経て、卒後研修センター長や総合診療教育部長などを歴任。2010年4月から、安房地域医療センターへメディカルディレクターとして赴任。スピリチュアルケアを取り入れた全人的医療の実践と教育に取り組む。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第Ⅰ部
 医療が癒やせない病 
   ――生老病死の日本的なスピリチュアルケア  カール・ベッカー

 一臨床医のナラティブ
   ――自らのスピリチュアルペインと向き合って     西野 洋

 生きる意味を求めて
   ――ホスピスの経験から考える           窪寺俊之

第Ⅱ部
 スピリチュアル/宗教的ケアの役割と課題
   ――高見順と原崎百子の闘病日記の比較研究   窪寺俊之

関連書


スピリチュアルケアを学ぶ4
『スピリチュアルケアの実現に向けて』


スピリチュアルケアを学ぶ3
『スピリチュアルコミュニケーション――生きる希望と尊厳を支える』


スピリチュアルケアを学ぶ1
『癒やしを求める魂の渇き――スピリチュアリティとは何か』


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。