大学出版部協会

 

 F・H・ブラッドリーとニコラウス・クザーヌスT・S・エリオットの思索の断面

T・S・エリオットの思索の断面 F・H・ブラッドリーとニコラウス・クザーヌス

四六判 292ページ 上製
定価:4,200円+税
ISBN978-4-907192-19-8 C3097
奥付の初版発行年月:2014年10月

内容紹介

 本書は1948年ノーベル文学賞を受賞したT・S・エリオットの文学と哲学の関係を論じたものである。彼はハーヴァード大学院時代、19世紀後半の英国の哲学者F・H・ブラッドリーについて博士論文を書いている。本書の著者は既にブラッドリーの「懐疑的精神」とエリオットの「中道精神」(ヴィア・メディア)を関係づけた『T・S・エリオットのヴィア・メディア―改宗の詩学―』(弘前大学出版会、2005)を出版したことがある。本書ではこの著書を基軸にし、エリオットの「思索の断面」に流れている「全体」の概念を博士論文に立ち帰って、彼の文学、そして「感性の統合」が見られるデカルト以前の中世に見出だし、さらには「対立物の一致」で有名な15世紀のドイツの神秘主義者ニコラウス・クザーヌスまで遡った。エリオットのこの「思索の断面」を辿ることによって、彼が如何にしてダンテ的ヴィジョンの「薔薇園」へ帰還したかという彼の旅路の一端が垣間見られるであろう。


目次

序章

第一部
 第一章 「視点」
  一 「事実の感覚」
  二 「直接経験」
  三 「単子」と「有限的中心」

 第二章 唯我論
  一 プルーフロックの原初的意識
  二 作品と電気の狭間で
  三 自己の幽閉、そして脱自へ

 第三章 形而上詩
  一 機知と想像力
  二 形而上詩の背景
  三 「感性の統合」と「分裂」

第二部
 第四章 神秘主義
  一 忘我の一瞬
  二 「知的な信仰者」
  三 偽ディオニシウス・アレオパギタ

 第五章 対立物の一致
  一 相反するイメージと円環
  二 「静止点」と「受肉」、そして「言葉」
  三 ニコラウス・クザーヌス

 第六章 薔薇園への帰還
  一 幼少期の経験
  二 グノーシス主義
  三 薔薇園

あとがき
参照・引用文献目録
索引

関連書

T.S. エリオットのヴィア・メディア -改宗の詩学-


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。