大学出版部協会

 

 それぞれの3.11東日本大震災 弘前大学からの展望 2011-2012 

東日本大震災 弘前大学からの展望 2011-2012  それぞれの3.11

A5判 252ページ 並製
定価:1,600円+税
ISBN978-4-907192-05-1 C0030
奥付の初版発行年月:2013年09月 / 発売日:2013年09月上旬

内容紹介

 本書は国立大学法人弘前大学からの震災通信である。自然のすごさがどんなものかを見せつけられた大災害だった。被災地を中心に東北に国内の目、世界の目が向いた。大震災は青森県でも小さくはなかったが、岩手県、宮城県、福島県のものとして語られた。この3県への衝撃と比較されて青森県の扱いが小さいものとなった。 発災から2ヶ月が経って、弘前大学に市民や研究者が集まり、青森県を中心に、弘前市で大震災を語った。災害を引き起こした地震のこと、被災地のこと、避難所のこと、復興過程の問題点、被災を伝えるメディアのこと、弘前からの被災地支援のこと、復興ビジョン、小さな教室でのつぶやきのようなものを続けた。どんな地域にもそれぞれの大震災がある。私たちはそう思って、大震災のことを語り、聞き続けた。その成果が本書である。


目次

序文

Ⅰ 大震災発生の源としての地震
 第1章 東北地方太平洋沖地震の概要
 第2章 東北地方太平洋沖地震と青森県の被害

Ⅱ 地域社会と東日本大震災
 第3章 青森県の復興ビジョン
 第4章 震災とメディア ―「情報」「メディア」と青森県の立ち位置―
 第5章 弘前市医師会と医療救護活動について
 第6章 弘前市の防災に係る取組み
 第7章 震災復興と埋蔵文化財

Ⅲ 東日本大震災―弘前大学の活動―
 第8章 地域社会研究科による八戸調査
 第9章 第2次八戸調査がまなざす「制度の隙間」
 第10章 弘前大学ボランティアセンターのこれまでとこれから
 第11章 被災地支援から復興計画支援へ ―新しいつながりと復元力―

Ⅳ 弘前大学震災研究交流会
 弘前大学震災研究連絡会の発足
 震災研究交流会のあゆみ
 〔交流会参加記〕市民ボランティアから学生ボランティアへ
 第9回震災研究交流会 講演録

あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。