大学出版部協会

 

 遺言執行人は何をしたか松尾芭蕉作『笈の小文』

松尾芭蕉作『笈の小文』 遺言執行人は何をしたか

A5判 上製
定価:2,750円+税
ISBN978-4-903866-35-2 C3059
奥付の初版発行年月:2016年12月 / 発売日:2016年12月上旬

内容紹介

松尾芭蕉作『笈の小文』ー遺言執行人は何をしたかー
これまでの常識に従えば、『笈の小文』は貞享五年(1688)冬に始まる吉野行脚の道中で書いた備忘メモを下敷きとし、元禄四年(1691)三月~九月の京都滞在中に現在の形に整理されたものと考えられている。この時期の『笈の小文』の山場は「吉野巡礼」であり、その実態は同行者坪井杜国の死を悼む追悼文である。この「吉野巡礼」に改編の手が加えられ、現状の『笈の小文』に再編成されるきっかけは、元禄六年七月に始まる芭蕉の病臥と閉門にある。当時、江戸の芭蕉庵では結核を患う養子桃印が臨終を迎え、看病・治療費・薬代とそれらを賄うための宗匠家業の繁忙が芭蕉の健康を虫食んでいた。そこに折り良く、前年、京都御所の与力を辞職していた医師中村史邦が京都から下ってくる。結核の感染を恐れて暮らしていた芭蕉は、殊の外喜んで中村史邦を庵室に迎え入れる。さっそく芭蕉の治療に当たった中村史邦の尽力により、芭蕉は同年十一月にかろうじて本復し執筆活動を再開する。松尾芭蕉には、この医師史邦への報謝の気持ちが強く残った。
 この時『笈の小文』の第二次編成期が始動する。坪井杜国の追福を主題とし、吉野巡礼を山場とする原『笈の小文』に「風羅坊の所思」「吉野三滝」「和歌浦句稿」「須磨明石紀行」が挿入されて、史邦への『笈の小文』授与を前提とした主題・構成の改編が始まる。主人公の風羅坊と万菊丸とがさらに経験豊かな廻国修行者に変貌すると同時に、「風羅坊かく語りき」とでも呼ぶべき、「狂句の聖(ひじり)」の巡礼記が出現する。そこで示された巡礼記は聖者による所感や観想の形を取らず、直感像叙述による啓示のかたちで示されている。その動きのある表象は、これを読む者に向かって、生存・文芸・巡礼の本質に関する妥協のない自問自答を喚起する力を秘めていた。 もとは松尾忠右衛門宗房、そして今、風羅坊と呼ぶお前はいかなる者か。お前の生存の拠点たる「狂句」は何処よりきたか。お前の狂句巡礼は、そも何に辿着く旅か。答えよ。というわけである。
 ところがその肝心かなめの問い掛けが喚起される表象部を芭蕉の遺言執行人の各務支考はバッサリと切り捨て、その改訂に対する自負心を語るのである。

前書きなど

松尾芭蕉文字データベースから抽出した元禄6・7年マーカを用いた用字解析:『笈の小文』の最終章は、元禄6年7月以降に新たに追加された。

テキストの中にはほとんど変動しない仮名(下表右の赤:使用率80%以上)、変動する仮名(下表左の赤:使用率20%以下)、時々変動する仮名(下表中間部の水色)の3種類がある。変動する仮名からは癌マーカーのような元禄6・7年マーカーを作ることが出来る。

著者プロフィール

濱 森太郎(ハマ モリタロウ)

三重大学名誉教授 文学博士 三重大学出版会社長

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

口絵 1
■最近の関係論文リスト             7
■前書き                 11
<序章 誰にでも表現したいことがある>
1節、芭蕉は分かりにくい           1
2節、芭蕉と風羅坊、杜国と万菊丸        10 
<第1章     『笈の小文』には第二次編成があった>
3節、『笈の小文』の表現の瑕疵について       20
4節、『笈の小文』吉野巡礼の成立―唱和する杜国― 33
5節、『笈の小文』の記名と小口書き揃え      46
6節、『笈の小文』―須磨明石紀行の成立ー     58
7節、元禄六年七月、史邦来訪            71
8節、『笈の小文』―和歌浦句稿の追加        83 
<第2章『笈の小文』は遺贈品として書かれた>
9節、大礒本・雲英本と乙州本            96
10節、書き取りと遺贈               106
11節、「明石夜泊」で描かれたもの    111
12節、首部と結末―幻覚を見る人     129
13節、芭蕉の立ち位置が動いた 141 
<第3章 遺言執行人は肝心な表現を切り捨てた>
14節、各務支考の模写と偽筆 151
15節、続各務支考の模写と偽筆 162
16節、各務支考が補正した『笈の小文』 171
17節、結び      185
はしがき                     192
口絵図版リスト       193
索引 194


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。