大学出版部協会

 

政権変革期の独禁法政策

政権変革期の独禁法政策

A5判 340ページ
定価:2,800円+税
ISBN978-4-903866-11-6 C3031
奥付の初版発行年月:2012年12月 / 発売日:2012年12月中旬

内容紹介

書 評

 私たちの職場である衆議院事務局は、勉強好きの人には格好の職場であり、学界にいるだけではわからない現実の統治の仕組みやその動きを実際に見聞することができる。吉田氏は、大学で理論的なものを学ぶかたわら、この職場で実務に携わる中で、そうした仕組みや動きを目の当たりにされ、実務と理論とを融合させようとされたのであろう。その努力が結実したのが本書である。本書は、国の仕組みの中でもっとも重要な法案の制定過程に関して、省庁における粗々の案の作成から省庁間の合議や法制局審査、与党審査といった内閣提出法案の行政府内の作成過程のみならず、ご本人の得意とする国会審議までも網羅しており、これほど詳細な研究は他にないのではないだろうか。
なお、読者の中には、与党内での法案審査手続きについて、民主党政権における手続きの記述が少ないことに若干の不満を持たれるかもしれない。しかし、民主党政権自体がその党内手続きを何度も変更しており、これが一定の形に落ち着くまでは研究として発表することが難しいことは読者にもご理解いただく必要があろう。吉田氏もおそらく同じ認識であり、いずれ氏の他に追随を許さない労作が出ることはまちがいないだろう。
後半部は、そうした法案の制定過程を具体的な法案に落として説明するものである。
吉田氏は、衆議院のシンクタンクともいうべき調査室に、長く在籍し、その多くを物価問題の調査に費やされたが、そうしたこともあってだろう、独占禁止法に深い関心を寄せられていたようである。
本書では、最初に、独占禁止法の誕生からその成長までを述べ、続いて平成一七年の大改正に焦点を当てて詳細に言及している。この一七年改正は、規制緩和の流れの中で、自由で公平・公正な競争を守るために公正取引委員会がなさねばならないことは何かという問題意識の下で、リーニエンシーを導入したり、課徴金を拡大かつ引き上げようとするもので、ポリシーの転換とも言えるほど大きなものであった。それだけに、本来なら公正取引委員会という比較的弱い官庁だけではできなかったことを、官邸が主導し、あるいは当時の委員長の卓越した能力でもってこれを現実化していったわけだが、普通ならわからないこうした裏の事情を、氏は丹念な調査でもって明らかにしている。今年の必読書として薦めたい一冊である。
衆議院事務次長  向大野新治

著者プロフィール

吉田茂(ヨシダ シゲル)

政治学博士
2011年法政大学大学院政治学研究科修了。衆議院事務局に勤務する。
2005年12月、第3回日本修士論文賞受賞。
現在、法政大学大学院社会問題研究所嘱託研究員

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

  序論

  第1章 法の制定過程
    第1節 政府提出法案
    第2節 議員提出法案
    第3節 国会における審議
    第4節 立法過程におけるマスメディアの役割

  第2章 独占禁止法の構造と機能の変化
    第1節 日本及び諸外国の独占禁止法の構造
    第2節 独占禁止法をめぐる社会経済的機能の変化

  第3章 独占禁止法の機能
    第1節 政府案の作成過程(国会へ提出まで)
    第2節 国会における法案形成過程及び関係各界の動き

  第4章 平成17年改正をめぐる主要論点

  第5章 立法過程の特質
    第1節 平成17年改正にみる変化とその構造
    第2節 対応変化の要因

  第6章 立法過程の構造変化
    第1節 公正取引委員会の組織強化
    第2節 小泉モデルとその後の首相たち

  参考文献
  あとがき
  索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。