大学出版部協会

 

危険ドラッグ大全

危険ドラッグ大全

A5判 並製
定価:2,500円+税
ISBN978-4-903281-28-5 C0036
奥付の初版発行年月:2016年03月 / 発売日:2016年03月上旬

内容紹介

危険ドラッグはなぜ生まれたのか? 危険ドラッグは脳にどう作用するのか? 危険ドラッグはなぜやめられないのか…? 薬学部の教授である薬の専門家が、危険ドラッグのすべてを、豊富な図版を使ってわかりやすく解説する。

前書きなど

「危険ドラッグに手を出して事件を起こした犯罪者たちは、薬に対してひどく無知である。これ以上、危険ドラッグによって、私たちが脅かされないためには、『すべての人が正しい知識を身に着けることが絶対に必要だ』と確信し、本書を執筆することにした」(「はじめに」より)

著者プロフィール

阿部和穂(あべかずほ)

愛媛県今治市生まれ。東京大学薬学部卒業後、東京大学大学院薬学系研究科修士課程修了。東京大学薬学部助手、米国カリフォルニア州ソーク研究所博士研究員、星薬科大学講師を経て、武蔵野大学薬学部教授。薬学博士。専門は脳と薬。著書に『マンガで読む脳と酒』『認知症とたたかう脳』など。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

<第1章>
危険ドラッグの何がいけないのか
1)薬物乱用と依存
2)危険ドラッグの何がいけないのか

<第2章>
危険ドラッグはなぜ生まれたのか
1)危険ドラッグの歴史1(ダウナー系)
2)危険ドラッグの歴史2(アッパー系)
3)危険ドラッグの歴史3(サイケデリック系)

<第3章>
危険ドラッグの脳への作用
1)人間の脳の特徴
2)ドラッグと脳

<第4章>
どうしてドラッグをやめられないのか
1)薬物依存
2)薬物以外の依存症

<第5章>
危険ドラッグと法
1)危険ドラッグと日常生活
2)危険ドラッグと法令

<第6章>
危険ドラッグの対策
1)危険ドラッグの対策
2)危険ドラッグ教育

<コラム>


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。