大学出版部協会

 

男女共同参画社会と市民

男女共同参画社会と市民

A5判 並製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-903281-22-3 C1036
奥付の初版発行年月:2012年09月 / 発売日:2012年10月上旬

内容紹介

男女が共に暮らし、働き、学び、決定する男女共同参画社会の実現への歴史と成熟への展望を語る。ジェンダー視点による社会システムの構築に向けて、教育、就労、政治、家庭などの分野で、性別役割分業の文化から自由になり、主体的な選択と活動ができる社会へ、意識と行動を変えていくために、市民のとるべき行動を論じる。

著者プロフィール

藤原千賀(フジワラチカ)

東京大学教育学部卒業。東京都職員を経て、10 年間専業主婦。
お茶の水女子大学大学院家政学研究科修士課程修了。
早稲田大学大学院教育学研究科博士後期課程満期退学。
現在、武蔵野大学政治経済学部政治経済学科教授。
専門はジェンダー、女性政策、社会教育。
著書:『 女性と労働』(武蔵野大学通信教育部教科書、書名を『ワーキ
ング・ウーマンの現状』として角川学芸出版より出版)2003 年。『事
例にみる女性の市民活動と生活』弘学出版、1998 年。『理科離れし
ているのは誰か』(分担執筆)日本評論社、2004 年。『女性の理系能
力を生かす』(分担執筆)日本評論社、1996 年。『エンパワーメント
の女性学』(分担執筆)有斐閣、1995 年。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第1章 男女共同参画社会とはどのような社会なのか
第2章 教育・学習分野の男女共同参画
第3章 就労分野の男女共同参画
第4章 男女雇用機会均等法とその効果
第5章 職種の男女相互乗り入れ
第6章 政治の男女共同参画
第7章 人口問題とリプロダクティブ・ヘルス/ライツ
第8章 男女共同参画時代の家族法(民法)
第9章 家庭内暴力の防止
第10章 家庭生活における男女共同参画


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。