大学出版部協会

 

環境デザインの試行

環境デザインの試行

B5変 320ページ 並製
定価:3,800円+税
ISBN978-4-903281-05-6 C3070
奥付の初版発行年月:2007年06月 / 発売日:2007年06月上旬

内容紹介

武蔵野大学で開催された環境デザイン論の連続公開講座を1冊の本にまとめたものである。環境の世紀に生き、時空をデザインする11人のトップランナー達が、その営為と試行を語る。

著者プロフィール

河津 優司(カワヅ ユウジ)

武蔵野大学環境学部教授(住環境専攻)

風袋 宏幸(フウタイ ヒロユキ)

武蔵野大学環境学部准教授(住環境専攻)

新宮 晋(シングウ ススム)

1937年大阪府生まれ。東京芸術大学絵画科を卒業後イタリアに留学。6年間の滞在のうちに平面から立体へ、さらに動く造形へと移行。以来、風や水といった自然エネルギーで動く作品を世界各地に作り続けている。2000~2001年にかけて地球上6個所の自然の風景の中に作品を設置し各地の人々と交流をはかる「ウインドキャラバン」を企画・開催。その活動により第43回毎日芸術賞特別賞受賞・2002年には紫綬褒章受章。『いちご』『くも』(文化出版局)などの絵本でも知られる。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに/PART1自然 人為を超えた存在として……1-1人類は地球に生き残れるか?(新宮晋)/1-2風景を誘うデザイン(宮城俊作)/1-3環境と対峙する建築(安田幸一)/ PART2 文化 社会的なあり方として……2-1 Casa Experimental Latin America(原広司)/2-2 商空間の役割(杉本貴志)/2-3 ザビット一家、家を建てる コソボで出会った一家の四年間(長倉洋海)/2-4 希望の美術、協働の夢(北川フラム) PART3 身体 自己あるいは身体との関係性について……3-1 音を通して環境とつながる サウンドスケープ・デザイン(庄野泰子)/2-2 照明の正体(海藤春樹)/2-3 言葉・芸術・身のまわり(平出隆)/2-4 アートが拓く環境(たほりつこ)  おわりに 鼎談 環境デザインに何が可能か


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。