大学出版部協会

 

発展と開発のコミュニケーション政策

武蔵野大学シリーズ4
発展と開発のコミュニケーション政策

A5判 228ページ 並製
定価:2,500円+税
ISBN978-4-903281-03-2(4-903281-03-5) C3036
奥付の初版発行年月:2006年01月 / 発売日:2006年01月下旬

内容紹介

多くの発展途上国でつねに矛盾する課題となる、メディア整備と反グローバリゼーションのあり方を、インフラ整備と国家政策の間で揺れる東南アジアの現地調査をもとに論じる。

著者プロフィール

本多 周爾(ホンダ シュウジ)

1949年東京都出身、慶應義塾大学法学部政治学科卒業、早稲田大学大学院政治学研究科博士課程満期退学、法学博士(慶應義塾大学)。[専攻]マス・.コミュニケーション論、国際コミュニケーション論。[著作]『メディアと情報のマトリックス』(共著、弘文堂、1995年)、『はじめて学ぶ社会情報論』(共著、学文社)、『変貌する放送と通信』(共著、学文社、1995年)、「台湾におけるテレビ放送環境の変容」(『武蔵野大学現代社会学部紀要』第5号、2004年)

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第1部 理論編……第1章 発展とコミュニケーション―ダニエル・ラーナーの発展論をてがかりにとして―/第2章 発展におけるコミュニケーションの役割―ウィルバー・シュラムの発展論の再検討/第3章 開発コミュニケーションの研究に関する一考察  第2部 事例研究編……第4章 インドネシアの国家建設とコミュニケーション政策/ 第5章 インドネシアの開発コミュニケーション政策/第6章 転換期をむかえたインドネシアの開発とコミュニケーション制作/第7章 マレーシア社会の開発と情報化/第8章 マレーシアにおける社会統合とテレビ放送の機能/第9章 タイの開発政治とコミュニケーション政策/終章/補章


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。