大学出版部協会

 

憲法理論研究

憲法理論研究

A5判 687ページ 上製
定価:11,429円+税
ISBN978-4-902774-70-2 C3032
奥付の初版発行年月:2011年03月

内容紹介

本書は、第一部「『憲法』概念と憲法学―国法学・序説」と第二部「憲法と人権・組織法―憲法の持続的構造連関」との二部から構成されている。第一部は、こんにちの憲法論がともすると判例研究に傾斜する傾向をますます強めているが、「国家」「法」「学問」「学説史」などに関する従来の伝統的公法学が築いてきた遺産との対話を維持しつつ、「憲法」概念に立ち返って本格的な憲法学の構築を試みようとしたものである。第二部では、「憲法」における「人権」と「統治組織法」という構成要素に注目する。これはもちろん近代立憲主義の保障目標とその保障手段という関係にあるが、さらには、そこに法規範学上の「行態法・組織法」という関係が潜んでいる。学問はより冷静にこの関連を吟味することに、今後の学術的意義を認めなくてはならないと稿者は考えている。



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。