大学出版部協会

 

白神自然観察園の動物(1)概要編

白神自然観察園の動物(1)概要編

B6横 22ページ 並製
定価:476円+税
ISBN978-4-902774-66-5 C2645
奥付の初版発行年月:2011年02月

内容紹介

青森県と秋田県にまたがる白神山地にはブナを主とする広大な森林が広がり、ツキノワグマやニホンカモシカ、イヌワシ、クマゲラといった大型動物を頂点に独特で豊かな動物相が見られます。このようなブナの林は世界的にも珍しく、中心部はユネスコの世界遺産地域に指定され、保護されています。これまでの調査で、哺乳動物だけでも36種、昆虫では2000種以上が確認されています。弘前大学は、白神山地の世界遺産地域に近い青森県西目屋村川原平に約18haの「白神自然観察園」を開設しました。一般の方にも開放され、動物の観察や森林浴に活用して頂くことができます。観察園内で頻繁に目にする35種の動物をピックアップし、生態写真とその暮らしなどについて解説を加えました。白神山地低山部の森林を散策される時の動物観察の手助けとしても是非ご活用下さい。



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。