大学出版部協会

 

 付加価値論と「見えざる手」アダム・スミスの経済思想

アダム・スミスの経済思想 付加価値論と「見えざる手」

A5判 308ページ 上製
定価:2,800円+税
ISBN978-4-901734-00-4(4-901734-00-8) C3033
奥付の初版発行年月:2002年03月
発行:関東学院大学出版会  
発売:丸善株式会社
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

『国富論』における内生的成長論としての付加価値論と価値法則論としての「見えざる手」の論理を究明し、これまでの理解の弱点を克服して、これからの経済思想のあるべき源流を探る。

著者プロフィール

星野 彰男(ホシノ アキオ)

関東学院大学経済学部教授、博士(社会学)

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第一章 価値論と課税論
第二章 生産的労働論と価値論
第三章 価値論におけるスミスとリカードの相違 
第四章 市場社会における富と価値――スミスとリカード
第五章 付加価値論の体系
第六章 資本投下論と「見えざる手」
第七章 「見えざる手」の論理 
第八章 重商主義の不幸な結果
第九章 スミス経済思想の検証
第十章 自由主義と資本主義
補論一 高島善哉における市民社会的スミス論の形成
補論二 市民社会的スミス研究の展開 
補論三 スミス研究の現状と将来


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。