大学出版部協会

 

レポートの教室

レポートの教室

A5判 並製
定価:1,900円+税
ISBN978-4-901631-96-9 C3000
奥付の初版発行年月:2011年04月

内容紹介

独学する武蔵野美術大学通信教育課程の学生のために、設問に的確に応える2000字程度の「学習レポート」の作成を、学校で学ぶことの意義から説き、大学での学習に必要な文章表現の能力開発を支援する。『文章の教室』、『文章の新教室』に続く第三弾。「学習レポート」の指南書決定版。


目次

第一章 今こそ学びのとき
ヒトは学ぶ動物/独学という方法/独学の応用/学校で学ぶ意味/失敗は恐くない
忙中閑話[一]てにをは

第二章 書きことばの世界へ
学ぶことは書くこと/書きことばの世界へ/言語生活の充実
忙中閑話[二]「が」の誘惑

第三章 書くための読み方
書くことの前提/読むときの手作業/要約をしながら/繰り返し読むこと
忙中閑話[三]「は」と「が」

第四章 レポートの特質
レポートとは何か/レポートは実用文/実用文の発想/二様のレポート/応答の姿勢
忙中閑話[四]「やはり」は癖になる

第五章 レポートの要素
二大要素/事実の基本/意見と事実の関係/それは誰の意見か/感想は不要か/感想からの出発
忙中閑話[五]漢字とかな

第六章 レポートの構成
三部構成/三部構成の実際/序論の始め方/本論の進め方/結論のむすび方
忙中閑話[六]外来語の表記

第七章 レポートの技術
小論文の文体/論文体の用語法/引用の方法/引用は正確に/記号の使い方
忙中閑話[七]辞典の活用

第八章 文章表現の基本
長い文より短い文/文と文章と段落/一段落に一主題/句読点も文字のうち/読点の実際
忙中閑話[八]書写の効用

第九章 課題に向かって
課題内容の消化/課題表現の傾向/述べよ式/論ぜよ式/考察せよ式/「文学」の課題/レポートの実際/原稿用紙の使い方
忙中閑話[九]日記の習慣

第十章 草稿から清書へ
書き始めはいつも草稿/推敲の秘訣/寝かせること/見なおしの要点
忙中閑話[十]手帳の携帯

〔付録〕レポート実例集


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。