大学出版部協会

 

 発想と手法陶磁

陶磁 発想と手法

A4判 128ページ
定価:3,200円+税
ISBN978-4-901631-86-0 C3072
奥付の初版発行年月:2009年04月

内容紹介

陶磁器の歴史をはじめ、造形のインスピレーションから作品制作まで。土づくり・土練り・成形・装飾・乾燥・素焼・絵付け・施釉・本焼の制作過程を豊富な写真で解説。武蔵野美術大学陶磁研究室ならではのオリジナリティ溢れる作品と手法を満載。陶磁制作の基本と楽しさを学ぶ!制作には欠かせない原料・道具の取扱い店一覧付き。


目次

1章 陶磁器を作る
1-1 陶磁器の始まり
1-2 デザインの発想
1-3 素材からの発想
1-4 技法からの発想(鋳込み成形)
1-5 機能からの発想(茶器の制作)
1-6 企業の発想
1-7 公共の場の陶磁器
作品紹介・小松誠
2章 原料(土)
2-1 土の特性
2-2 土づくり
3章 成形技法
3-1 手びねり
3-2 ロクロ(轆轤)
作品紹介・萩原千春
3-3 板づくり
3-4 型押し
3-5 鋳込み成形
4章 装飾技法
4-1 絵付け
4-2 印と象嵌
4-3 彫り
4-4 練り込み
作品紹介・磯谷慶子
4-5 化粧
4-6 転写と印判
作品紹介・西川聡
様々な道具1〜6
5章 釉
5-1 釉とは
5-1 釉を調合する
5-3 釉づくりと施釉
6章 窯と焼成
6-1 窯
6-2 焼成
用語解説
原料、道具取扱い店一覧


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。