大学出版部協会

 

日本古典芸能史

日本古典芸能史

A5判 240ページ
定価:2,000円+税
ISBN978-4-901631-81-5 C3070
奥付の初版発行年月:2008年04月

内容紹介

一読三嘆! 芸能文化の流れをわしづかみ!
伎楽、猿楽、能、歌舞伎、人形浄瑠璃、落語、寄席、講談など、神話の時代から近世まで、芸能文化の変遷を落研出身の教授が平易な文体でわかりやすく解説する。単著による通史なので、全体の流れがより明快に。


目次

序章   祭祀-儀式から芸能へ
第1章  伎楽と舞楽-国家行事と芸能
第2章  散楽から猿楽へ-「演技術」の進歩
第3章  田楽・猿楽の展開と「能」の形成
第4章  観阿弥・世阿弥と能の「大成」
第5章  歌舞伎の成立と定着
第6章  人形浄瑠璃の成立と発展
第7章  近世演劇の開花と近松門左衛門
第8章  竹豊両座と人形浄瑠璃の黄金時代
第9章  江戸中後期の歌舞伎
第10章  落語・講談の発展と諸芸の交流
第11章  鶴屋南北と河竹黙阿弥
巻末   主要参考文献、人名索引、事項索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。