大学出版部協会

 

ミュージアムと生涯学習

ミュージアムと生涯学習

A5判 200ページ
定価:1,900円+税
ISBN978-4-901631-80-8 C3070
奥付の初版発行年月:2008年04月

内容紹介

学芸員は生涯学習の達人たれ!
美術館や博物館は「生涯学習」の拠点として有効!そんな認識が浸透した昨今、学芸員たちはワークショップの推進役としての力量も期待され、変化が求められています。
本書は「学芸員は生涯学習の達人たれ!」を目標とし、ミュージアムという学びの場で活躍するための考え方を、先達を例にして紹介します。
生涯学習の今を知る最良の書!


目次

I 学芸員と「生涯学習」
 1 なぜ「生涯学習」を学ぶのか─「生涯学習の拠点」としてのミュージアム
 2 ラングランを読む─なぜ生涯学習か
 3 日本における生涯学習の展開
 4 生涯学習における個人性の原理─ミュージアムと学芸員の役割
 5 ミュージアム・ラーニング─博物館学習の特色
II ミュージアムでの学び
 1 美術館における生涯学習─ギャラリー・リテラシーを育む
 2 学びの編集─学びの場づくりの考え方
III 生涯学習の先達に学ぶ
 1 赭鞭一撻─青年牧野富太郎の学習計画十五か条
 2 一切智の夢-南方熊楠の曼荼羅思考
 3 岡本太郎の中の民族学-全人間的に生きるということ
IV 学びの時、学びの場
 1 「最後の授業」から学ぶ
 2 学びの場を創る─公民館活動、そして農的生活から


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。