大学出版部協会

 

タウトが撮ったニッポン

タウトが撮ったニッポン

酒井 道夫:編著, 沢 良子:編著, 平木 収:著
A5判変型 160ページ
定価:1,800円+税
ISBN978-4-901631-75-4 C0072
奥付の初版発行年月:2007年03月

内容紹介

ハチ公、おんぶ、スラム、桂、キッチュ!
1933年、ナチに追われたブルーノ・タウトはエリカ・ヴィッティヒと来日。アメリカ亡命への足がかりのつもりで立ち寄った日本で3年半の日々を余儀なくされた。小さなカメラで好奇心のままにタウトがとらえたニッポン—鯉のぼりから桂離宮まで—を新訳の日記とともに再現する!
ジュラルミンケースに封印され、岩波書店にながく保管されていたブルーノ・タウトの遺品—手帳や原稿の下書き、そして写真アルバム4冊がこのたび発掘された。そこには昭和8年から11年までの日本滞在中に、タウト自身が撮影したピントのあまい写真やら、絵はがきなど1422点。
報道カメラマンよろしく、小さなカメラ「ヴェス単」で果敢に被写体に挑むタウト。その眼差しを再検証すべくアルバムから厳選した約130点の写真を新訳の日記とともに紹介する。初めての書籍化!


目次

タウトの遺品=沢良子
タウト日記アルバム=ブルーノ・タウト
タウトが遺した写真アルバムの読み方=平木収
戦前昭和ヴィジュアル時代の『ニッポン』=酒井道夫
タウトが見たもうひとつのニッポン=沢良子


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。