大学出版部協会

 

龍龕手鏡(鑑)研究

龍龕手鏡(鑑)研究

A5判 720ページ 上製
定価:7,000円+税
ISBN978-4-89205-630-7 C3087
奥付の初版発行年月:2015年10月 / 発売日:2015年10月下旬
発行:麗澤大学出版会  
発売:廣池学園事業部
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

遼釈行均撰『龍龕手鏡』は997年に成った音義書であるが、異体字を多く含むため、専ら異体字字書として珍重されてきた。本書は10世紀の写本仏典に現れる異体字を網羅的に収めており、中国・朝鮮・日本の古典研究者にとっては、必須の工具書である。
原本である遼版は夙に失われ、本書の古版としては高麗版『龍龕手鏡』、南宋版『龍龕手鑑』が伝存するが、高麗版が遼版を最も忠実に伝えるとされる。宋代以降木版本が盛行するにつれて本書の需要も減少し、南宋版に基づいた清版が幾種かあるにすぎない。しかし20世紀初頭に敦煌写本群が発見されるに及び、本書に対する評価が劇的に高まり、又需要も俄然生じることとなった。
 本書は論文3篇と影印部から成る。影印部は1929年京城帝国大学影印の高麗版『龍龕手鏡』巻一・三・四を底本とし、欠巻の巻二は南宋版で補った。この影印本はその後更に影印を重ねているが、鮮明でないものが多く、今回特にその点に留意した。論文3篇は本書に対する解説を加えるとともに、近年の研究成果をも紹介した。

著者プロフィール

藤本 幸夫(フジモト ユキオ)

京都大学文学部言語学科卒業、同大学院修士課程修了、韓国ハングル学会・ソウル大学校文理科大学研究員、京都大学文学研究科博士課程単位取得退学、同大学文学部中国語中国文学科・言語学科研修員。
大阪大学文学部助手、富山大学人文学部助教授・教授、現在富山大学名誉教授・麗澤大学客員教授・京都大学人文科学研究所特任教授・東国大学招聘教授。
専門分野:朝鮮語学・朝鮮文献学。
編著書等:『韓国語の歴史』(翻訳 1975 大修館)・『韓国絵画史』(共訳 1987 吉川弘文館)・『日本現存朝鮮本研究』(2006 京都大学学術出版会)・『日韓漢文訓読論集』(編 2014 勉誠出版)。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

前書き
『龍龕手鑑』(朝鮮版二種及日本古活字版)書影
凡 例
龍龕手鏡(鑑)』攷(藤本幸夫)
高麗版『龍龕手鏡』及朝鮮版『龍龕手鑑』攷(藤本幸夫)
高麗本『龍龕手鏡』について(鄭 光)
遼釈・行均撰『龍龕手鏡』影印
後書き


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。