大学出版部協会

 

 「サステナブル日本3.0」をめざして幸せの尺度

幸せの尺度 「サステナブル日本3.0」をめざして

A5判 276ページ 上製
定価:2,500円+税
ISBN978-4-89205-606-2 C3033
奥付の初版発行年月:2011年08月 / 発売日:2011年08月下旬

内容紹介

誰もが望む社会とは、その構成員一人ひとりの幸福感・満足度の高い社会であろう。しかし、それは現在世代にとってだけの幸福感・満足度ではなく、将来世代、子々孫々に至っても幸福感・満足度が高く維持される「持続可能な発展」が担保される社会でなければならない。
「3・11」で露呈したのは、幸福感・満足度を高めるためとして、戦後日本社会がひたすら追い求めてきた経済発展が将来世代にツケを回すものであった、ということである。
著者は主張する。「3・11」が教える日本のこれからは、将来世代の幸福感・満足度を確保する「サステナブル日本3.0」へのパラダイム・シフトである。著者が長年にわたって積み上げてきた研究成果である「持続可能な社会厚生指標HSM(人間満足度尺度)」の発展と展開を詳述するとともに、「サステナブル日本3.0」の具体像を提起する新サステナブル日本論。

著者プロフィール

大橋 照枝(オオハシ テルエ)

東北大学大学院環境科学研究科客員教授、麗澤大学比較文明文化研究センター客員教授、麗澤大学経済社会総合研究センター客員教授。
1963年、京都大学文学部哲学科学社会学専攻卒業。㈱大広マーケティングディレクター、国学院大学栃木短期大学助教授、麗澤大学経済学部教授を経て現職。
主著:『未婚化の社会学』(NHK出版、1993)、『環境マーケティング大全』(麗澤大学出版会、2000)、『幸福立国ブータン』(白水社、2010)他。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 幸福と持続可能な発展
第1章 持続可能な社会厚生指標を求めて
第2章 ブータンのGNH(国民総幸福)
第3章 持続可能な社会厚生市場:HSM(人間満足度尺度)の発想と展開
第4章 HSMバージョンアップの系譜 HSMの計算方法と調査方法の変遷
第5章 持続可能性指標としての民主主義
第6章 「民主主義」を折り込んだHSM Ver.6
終 章 持続可能な日本へのパラダイムシフト 「サステナブル日本3.0」をめざして


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。