大学出版部協会

 

対論 文明の原理を問う

対論 文明の原理を問う

四六判 208ページ 上製
定価:1,600円+税
ISBN978-4-89205-604-8 C1010
奥付の初版発行年月:2011年06月 / 発売日:2011年06月上旬

内容紹介

地球と人類を滅亡から救うために、「生命文明の時代」に向かえ!
2011年3月11日、東北・関東を襲った東日本大震災は、近代ヨーロッパに始まった「物質エネルギー文明」の崩壊の予兆ではないか。
21世紀に入って完全に行き詰まった物質エネルギー文明に代わる新たな文明原理の創造に向けて、各分野を代表する研究者〈安田喜憲・大島直行・町田宗鳳・大橋力・中谷巖〉による強力対論集。
『文明のこころを問う』『文明の風土を問う』に続く、「比較文明学講義」シリーズの完結編。

著者プロフィール

安田 喜憲(ヤスダ ヨシノリ)

国際日本文化センター教授・麗澤大学比較文明研究センター客員教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

緊急提言 日本が東日本大震災から立ち上がるために 安田喜憲
序 新たな文明原理を求めて 安田喜憲
第1章 縄文文明の原理が語る確かな未来 vs大島直行(北海道伊達市噴火湾文化研究所所長)
第2章 人類を救う稲作漁労文明の原理 vs町田宗鳳(広島大学大学院教授)
第3章 森の命が人間を救う vs大橋力(文明科学研究所所長)
第4章 命あるものと交流する文明 vs中谷巖(三菱UFJリサーチ&コンサルティング理事長)
あとがきに代えて――東北の大地に生命文明の時代を

関連書

『対論 文明のこころを問う』『対論 文明の風土を問う――泥の文明・稲作漁撈文明が地球を救う』(以上、麗澤大学出版会)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。