大学出版部協会

 

 1945~1970福田恆存と三島由紀夫 (下)

福田恆存と三島由紀夫 (下) 1945~1970

四六判 320ページ 上製
定価:2,800円+税
ISBN978-4-89205-597-3 C0095
奥付の初版発行年月:2010年04月 / 発売日:2010年04月下旬

内容紹介

「戦後」は醜悪に生き続けている。「適応異常の時代」を、2人の文士はいかに生き、いかに考えたか。政治・社会史と精神史を融合し、福田と三島の軌跡と交錯を描き切った、空前絶後の傑作評論。第10回正論新風賞受賞。

著者プロフィール

遠藤 浩一(エンドウ コウイチ)

1958年、金沢市生まれ。1981年、駒澤大学法学部卒業。民社党広報部長などを経て、拓殖大学大学院教授、日本文化研究所長。主な著書に『消費される権力者――小沢一郎から小泉純一郎へ』(中央公論社)、『日本論Ⅱ――政策と文化の融合』(共著、中央大学出版部)、『小澤征爾――日本人と西洋音楽』(PHP新書)、『政権交代のまぼろし』(産経新聞出版)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

Ⅴ 「生き方」としての国語/「領土拡張」への愛護と苦労/「保守主義」といふ甘い罠/「ニヒリスト」の正体/泰平の世の「憂国」
Ⅵ 「悪魔」はゐなくなつたか?/「二元論」としての防衛論/高度成長の「天国と地獄」/「破滅」の予感
Ⅶ 顔色をみて呟け「日中友好」/その道険し「雲」の峰/「祝辞」といふ名の挑戦状/「思想」と「芸術」の間で/「適応異常」の戦後史
Ⅷ 「日本」を孤立させるな/「昭和元禄」の呪ひ/「死の哲学」は再建されたか/言論の空しさ
エピローグ


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。