大学出版部協会

 

作家論 二

福田恆存評論集第14巻
作家論 二

四六判 368ページ フランス装
定価:2,800円+税
ISBN978-4-89205-584-3 C0395
奥付の初版発行年月:2010年01月 / 発売日:2010年01月中旬
発行:麗澤大学出版会  
発売:廣池学園事業部
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

私小説、プロレタリア文学、風俗小説等、絶対(神)なき近代日本に安住する文学の諸潮流を批判――第13巻とともに、戦前・戦後期の文学論・作家論を集大成する。


目次

萩原朔太郎
伊藤整
石川啄木
小林秀雄
谷崎潤一郎
國木田独歩
田山花袋
大岡昇平
岸田國士
現代日本文学の諸問題
風刺文学について
ふたたび風刺文学について
私小説のために
私小説的現実について
人間の名において
小説の運命Ⅰ
小説の運命Ⅱ
文学の効用
風俗小説について


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。