大学出版部協会

 

 折口信夫芸能論考歌舞伎と存在論

歌舞伎と存在論 折口信夫芸能論考

A5判 224ページ 上製
定価:2,800円+税
ISBN978-4-88125-248-2 C3010
奥付の初版発行年月:2010年11月

内容紹介

本書は芸能・演劇、特に歌舞伎を媒介にした「折口信夫論」である。著者は実存哲学以降の現代思想専門家であるから、ハイデガーやニーチェ、ヘルダーリンなどども折々にあらわれて論層を強固にしている。補論として、「言語情調論をめぐって -折口信夫とハイデガー」を付す。

著者プロフィール

伊吹 克己(イブキ カツミ)

1949年 北海道函館市生まれ。専修大学文学部人文学科卒 現在,専修大学文学部教授。
論文に「形而上学批判としての折口学」『専修大学人文科学研究所月報』第163号。「アンガージュマンと美的なるものの行方―サルトルとアドルノ―」『理想』第665号。「アジアという経験―マルローの『王道』をめぐって―」『専修大学人文科学研究所月報』第224号。など

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第一部 折口信夫の歌舞伎論
 一 歌舞伎、この低俗なるもの
 二 芸術の堕落としての芸能
 三 享楽としての非芸術
 四 『かぶき讃』における役者容姿論
 五 容姿と芸
 六 美と醜
 七 嘘としてのイメージとイメージとしての真理
 八 イメージと構想力
 九 イメージとその本質
 十 イメージの範例としてのデスマスク
 十一 退引、眼差しのない眼差し
 十二 区別されたものとしてのイメージ
 十三 記憶された〈映像〉
 十四 テキストとイメージ
 十五 振動するもの
 十六 結論 まれびと─イメージを産み出すもの
第二部 折口信夫の芸能論
 一 歌舞伎と演劇
 二 古代ギリシアの芸術と近代の芸術
 三 カントと美の概念
 四 「しじま」から神語へ
 五 ハイデガーとヘルダーリンにおける祝祭
 六 歴史の本質根底としての祝祭、人間と神々
 七 祭りと聖霊
 八 芸能と神
 九 「半神」と「神人」
 十 流れと所在
 十一 祭りに現前するもの
 十二 詩作と思索
 十三 流離(さすら)う半神たち─まれびと、芸能の発生
 十四 見物と陶酔
 十五 「かぶき」と歌舞伎
 十六 真理と芸術との葛藤
 十七 芸術と真理─「実感」としての和解
 十八 発生と和解─文学─
 十九 発生と和解─芸能─
補論 「言語情調論」をめぐって─折口信夫とハイデガー─
 一 はじめに
 二 言語と情調
 三 言語の優位
 四 ハイテガーのヘルダーリン講義
 五 詩作と言語
 六 聴くことの意味
 七 「言語情緒」と「根本情調」
 八 〈音〉と〈沈黙〉

あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。